« 最後まであきらめない | Main | わが愛しのアイテム(その5) PIEPS457 opti4 »

2005.02.13

週末は海外で…

メディテレーニアンハーバーを望む…過ごせたらいいなあ。(^^;
一介のサラリーマンにとってはそんなことは夢のまた夢の世界。
この3連休は山には行かずにおとなしくしていようと思っていたら、カミサンから「ディズニーリゾートに行かない?」との思わぬお誘いが…。
「エエー!」ウソだろう?二人合わせて104歳だぜ。
なんでも去年買った割引券の有効期限が迫っているそうな。じゃあ、もったいないからと一緒に出かけることにした。
我が家から東京ディズニーランドまでは直線距離で約15km。意外と近い。しかし「パスポート」が高すぎてまだ入ったことは2回しかない。我が家にとっては近くて遠いどこかの外国と同じだ。
今回は後からできたディズニーシーを訪れた。
いやあ、たしかによくできてるなあ。入った途端、中世ヨーロッパのムードに浸ることができる。はるか前方には何やら噴煙をたなびかせている火山が。
「プロメテウス火山」という山らしい。うーむ、登高意欲をひきつける精巧さである。近づいてみるとクラックやオーバーハングなどもあり、クライマーもゴキゲンになること請け合いだ。プロメテウス火山
園内は中世ヨーロッパあり、1920年代のアメリカあり、アラビアンナイトあり、アマゾンのジャングルからインディジョーンズの活躍する中央アメリカありで、それらが上手く融合されてなんとも不思議な空間を作りだしている。
これなら本物のパスポートを使って海外旅行に行かなくてもいいかな?
しかし、園内の食事料金の高さはハンパじゃない。家族4人で一日いたらウン万円のお金が吹っ飛ぶような仕組みになっている。
しっかり者のカミサンは園内では一切お金を落とさずにゲートを後にした。落としたのは自宅から持ってきた食料の包装紙だけ。いやーご立派!

|

« 最後まであきらめない | Main | わが愛しのアイテム(その5) PIEPS457 opti4 »

Comments

いやー、本当に御立派な奥様ですね。で、計算してみたところ・・・ひょっとして奥様は私と同じ年齢かな。

Posted by: おじん | 2005.02.13 04:23 PM

ウソ!
おじんさんって案外若いんですねえ。(^^;
ところで、「ガラスの腰」とか言いながら、このところ雪のある山ばかり登ってますね。
ガラスは寒さに強いけど、腰は寒さに弱いから養生してください。

Posted by: Nob | 2005.02.13 06:06 PM

うちのつがいは二人合わせて103歳ですが、まあ何とか二人とも山に登っております。
ところで、今日は久々に腰にきました。1300m程度の山なのですが、登山口が標高100mなので1200mの登りなのです。そのうち1000m以上は延々と杉の植林地を登るので、もうどうしようもない山です。

Posted by: おじん | 2005.02.13 11:10 PM

おしどり登山ですか。いいですねえ。(^^)
我が家は20年前にその風習は途絶えました。登山中ケンカばかりするものですから。
標高差1100mはいけません。冬山の場合、中高年は標高差1000m以内、できれば800m以内にしなければ。
竜頭山とか竜爪山とか、そちらの方には竜の伝説が多いのですね。

Posted by: Nob | 2005.02.14 08:45 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 週末は海外で…:

« 最後まであきらめない | Main | わが愛しのアイテム(その5) PIEPS457 opti4 »