« 雪山の遭難事故に思う | Main | 日だまりハイキング »

2005.02.05

19年ぶりの豪雪

上越の山に出かける前は必ずチェックしている天神平スキー場の積雪がとうとう5mを越えた。
1月31日  330cm
2月 1日  385cm(+55cm)
2月 2日  410cm(+25cm)
2月 3日  460cm(+50cm)
2月 4日  495cm(+35cm)
2月 5日  510cm(+15cm)
うーむ。連日降雪があるようだ。
報道によれば19年ぶりの豪雪だそうな。軒の雪下ろしはすさまじい重労働だと聞くが、新潟中越地震の被災地のご苦労は並大抵ではあるまい。
先月は上越の山々に2回、信州の山に1回出かけたが何処も雪が多く、ただならぬ気配がしたものだ。これだけ積雪が多いと雪庇の発達も例年以上に大きくなっているに違いない。これからは雪庇の踏み抜きや雪崩、スリップによる滑落事故など、登山をする上でのリスクが増えてくる。気を引き締めねば。
2月下旬に上越の山に入る予定だが、これだけ雪が多いとルートどりには神経質にならざるを得ない。早く天候が安定してくれないかなあ。

|

« 雪山の遭難事故に思う | Main | 日だまりハイキング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 19年ぶりの豪雪:

« 雪山の遭難事故に思う | Main | 日だまりハイキング »