« ドッグイヤー | Main | 雪山の遭難事故に思う »

2005.01.30

スノーシュー vs フリートレック

湯ノ丸山をめざす昨年アイスクライミングのアプローチ用としてフリートレックを購入した錦少年とMIKIさんから信州の湯ノ丸山(2101m)に誘われる。
なんでもフリートレックの練習をしたいらしい。ところがこちらはスノーシューしか持っていない。道具が違うとペースが合わないおそれがあるのでイマイチ行く気が起きなかった。

無料休憩所で仮眠をした翌朝は今年最大の寒波の影響からか吹雪で明けた。
これじゃ登れないと思い、ふたたび布団に潜り込む。(この無料休憩所はとても快適で、暖房+布団付きだった。)
のんびりと起き出して遅めの朝食をとりはじめたら急に天候が回復傾向を見せはじめた。あわてて身支度をしてリフトに飛び乗る。

リフトの終点は1830m地点。頂上までの標高差は270m程度しかない。青空を見せているが風は強い。地吹雪が舞う天候だ。
登山者は意外と多いのびっくり。ワカン派、つぼ足派、スノーシュー派、フリートレック派、山スキー派、テレマークスキー派、スノボー派など多国籍登山者集団でごった返していた。
やはりアプローチが短く登りが緩いので中高年登山者には人気なのだろうな。先週出かけた武尊山は私たち以外に誰もいなかったのにエライ違いである。

前日の土曜日が好天だったらしく、風は強いもののトレースは消えずにばっちりあったので、まるでスキー場の圧雪斜面を登るがごとくに快調に頂上をめざす。
フリートレックの二人はまだ慣れてないらしく斜面がちょっと急になると苦労していた。スノーシューのこちらは快調そのもの。トレースラインには飽きたらずバージンスノーをグイグイ登る。湯ノ丸山頂にて

頂上近くになると風がさらに強まり、地吹雪に目も開けてはいられない。あわててゴーグルを取り出す。
リフト終点からちょうど1時間で湯ノ丸山南峰頂上に着く。北峰往復はあきらめ、下りにかかる。フリートレック組はここでシールを外して快適に滑降!の予定だったが、そうは問屋が卸さない。あの短いスキーで転倒もせずに快適に滑り降りるにはまだ年期がいるようだ。(^^;
登山靴に短いスキー板では「斜滑降&キックターン時々転倒」がいいところ。
一方こちらスノーシュー。最短のラインを粉雪を蹴散らしながらガンガン降りる。あっという間に差がつくが、何か面白くない。
おっかなびっくりキャーキャー騒ぎながらでもみんなで降りた方が楽しい。やはり同じ道具で行動しなければ面白くないのだ。
山スキーなら山スキー同士。フリートレックならフリートレック同士。そしてスノーシューならスノーシュー同士の山行が一番楽しいということですね。

|

« ドッグイヤー | Main | 雪山の遭難事故に思う »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スノーシュー vs フリートレック:

« ドッグイヤー | Main | 雪山の遭難事故に思う »