« わが愛しのアイテム(その4)  「つめかえ君」初体験 | Main | 九鬼山から神楽山を歩く »

2004.12.30

実り多き山行

00000005-s午前4時起床。
夜半より強まった風雪は衰える様子をみせないため、出発を見合わせる。強風がテントを大きく揺らす。
夜明けととともに風は相変わらず強いものの雪が弱まってきたので、午前8時に西穂高岳目指して出発する。
しかし、テントサイトから少し上がった稜線上は風がかなり強く、時折耐風姿勢を余儀なくされた。西穂は無理でもせめて独標(2701m)までとさらに歩を進めるが、メンバーの一人が体調不調に陥ったこともあり独標手前で行動の中止を決断する。

私にとっては2年ぶりの本格的な冬山登山である。
この2年間、身体の故障に悩み、重荷を担ぐ冬山テント山行はあきらめざるを得なかった。
ここ1年ばかりはスイミングや速歩、整体や鍼治療など、回復のための様々な手法にかなり集中して取り組んできた。完治にはもう少し時間がかかるものの、「歩き」の登山はなんとか再開できる目途がたったので思い切って年末登山の参加を申し込んだ。

00000009-s久しぶりの冬の北アルプス。
やっぱり冬の北アは甘くはない。
2001年涸沢岳西尾根、2003年爺ヶ岳東尾根、そして今年の西穂高と会としてはここ4年間で3度目の敗退になる。
冬の北アルプス3連敗だが、それぞれの山行では山頂に立つこと以上の成果が参加メンバーにもたらしてくれたものと確信している。
今回の山行でも然り。
私にとっては久しぶりに20kg超の荷物を担いで歩けたこと。風雪の稜線で寒風にたたかれた顔面にさらなる闘志を燃え上がらせることができたこと。
実り多き山行だったと思っているし、明日への登山、来年につながる登山ができたと思っている。

今年一年、小屋番日記におつきあいいただきありがとうございました。
来年も懲りずに山に向かいたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。

|

« わが愛しのアイテム(その4)  「つめかえ君」初体験 | Main | 九鬼山から神楽山を歩く »

Comments

あれれ、八ヶ岳じゃなくて西穂高だったんですね。というか、今日から八ヶ岳で越年登山?
何にしても、今年はいろいろと遊んで戴きまして、どうも有難うございました。来年は、ますますの故障ネタがアップされるものと期待しております。

Posted by: おじん | 2004.12.31 08:27 AM

おじん様
今年は当ブログ誌上で大変お世話になりました。
暖かい?ご声援まことに感謝しております。

来年も体とお金の続くかぎり懲りずに山に行きたいと思っております。
突っ込み甲斐のあるブログを目指して努力していきますので乞うご期待!?

来年もおじんさんにとって佳い年でありますように心より祈念いたしております。

ps.あのhime☆さんは無事に年末の八ヶ岳縦走を果たしたとか。やはり体力・気力の違いか。うらやましいなあ。

Posted by: Nob | 2004.12.31 10:40 AM

八ヶ岳縦走なんてメッソウもない。
文三郎から赤岳、地蔵を降りたんですよ。
赤岳山頂では、一瞬富士山も顔を覗かせ、阿弥陀、硫黄、小同心、大同心も見えて「時おり」青空なんかも見えちゃったりして。ただし、前日かなり雪が降ったので、いい感じでした。下山の今日は途中から雪も大降り、都心に帰ったら都心も雪景色でビックリ。

そういえば、おじんさんは高尾山登ったんですか?

お2人の掛け合い漫才が来年も末永く続きますことを!

Posted by: hime☆ | 2004.12.31 07:19 PM

あれれ、プロフィールの写真が変わってますね。

Posted by: おじん | 2005.01.01 11:38 PM

hime☆さん、こんにちは。高尾山、登りましたよ。ケーブルカーで。(^_^;)
この山行の一番の思い出は、前日宿泊したビジネスホテルで朝食を頼んだところ、「面倒だからコンビニで何か買って食べなさいよ」とフロントで言われたことです。もちろん、その指示に従いました。

Posted by: おじん | 2005.01.01 11:43 PM

あれれ、またプロフィールの写真が変わってる。少しでも若く見える写真を・・・ということであるな。

Posted by: おじん | 2005.01.03 06:15 PM

いやいや、前回のは昨年の写真。
そして今回のは今日の写真です。(^^)
やっぱ、2005年は2005年ものを使わなくちゃね。

Posted by: Nob | 2005.01.03 07:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 実り多き山行:

« わが愛しのアイテム(その4)  「つめかえ君」初体験 | Main | 九鬼山から神楽山を歩く »