« 「蒼穹の昴」のふるさとを行く | Main | 先を越される »

2004.12.12

阿弥陀岳中央稜を歩く

阿弥陀岳から赤岳を望む12月も中旬に入ろうというのに雪の少なさはどうしたのだろう。
年末に八ヶ岳に入山する予定なので、その偵察も兼ねてかねてから訪れたいとおもっていた阿弥陀岳の中央稜を歩いてきた。
中央稜は南稜と御小屋尾根とにはさまれたマイナーな尾根である。頂上に直接突き上げるのではなく最上部で御小屋尾根に合流することも魅力を損なう原因なのだろうか。
しかし、阿弥陀岳への最短ルートであることなどから、主にアイスクライミングや南稜からの下降路には都合がよい。今回トレースしてみて下降路などと言わずにこのルートを目的として訪れてもいいと思った。グレード的には南稜などよりも低いが適当にルートファインディングの力もいるし、何よりも好展望と静かなのがよかった。阿弥陀岳中央稜上部の稜線を行く

中央稜で出会ったのはアイスクライミング帰りパーティーのみ。南稜のP3でビバークしたとか。
中央稜には下部岩壁と上部岩壁とがあるが、下部は右から、上部は左から巻くのでザイルは不要である。岩質は大同心や小同心同様の火山岩だった。
上部に行くと雪が凍っていて滑りやすく神経をつかった。下山は安全を期してお隣の御小屋尾根にとった。

さて、積雪の状態であるが、これほど雪の少ない12月も記憶にない。阿弥陀岳も赤岳、横岳の峰々も雪がまったくない。まさに晩秋の風情である。
あと2週間ちょっとで年末登山だが、このまま雪が降らないとなると計画を変更せざるを得ない。南岸低気圧が通過してくれれば八ヶ岳周辺も一気に冬山模様になるのだが…。

12月中旬なのに雪のない八ヶ岳連峰


|

« 「蒼穹の昴」のふるさとを行く | Main | 先を越される »

Comments

こんにちは。本当に雪が全く無いですね。こりゃ異常だ。昔、12月に入るや否や冬季登攀だ・・と言って出かけるという話があったが、これじゃあ冬季という分類は意味がありませんな。

Posted by: おじん | 2004.12.13 12:02 AM

11日、阿弥陀岳と赤岳に行ってきました。
雪もないのにプラブーツで悲しかったです。足首も痛くなるし・・早く八ヶ岳らしいピリっとした寒さになって欲しいものです。

Posted by: しっぷろっく | 2004.12.13 10:22 PM

しっぷろっくさん、おじんさん Resありがとうございます。
しっぷろっくさんとは一日違いのニアミスでしたね。
私もプラブーツでしたよ。(^^;
悲しいですよねえ。

今冬の八ヶ岳はどうなっちゃんてるんでしょう?
あれでは年末も期待薄ですね。

Posted by: Nob | 2004.12.13 11:07 PM

もうこうなったら剣か後立山にでも行くしかないですね。それでないとプラブーツが痛みます。

Posted by: おじん | 2004.12.14 04:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 阿弥陀岳中央稜を歩く:

« 「蒼穹の昴」のふるさとを行く | Main | 先を越される »