« 10cは再開2日目にしてならず | Main | 雨の日はジムへ »

2004.10.28

ジムと銭湯

先日、日曜出勤の振替休日を平日にとって午前中からスポーツジムに汗を流しに行った。
平日の午前中だから空いているかなと思いきや、なかなかどうして満員盛況なのに驚く。

まずは「腰痛予防改善プログラム」を受けようとプールに入る。
プログラム参加者を見ると、だいたい平均年齢は70歳前後か。若い人でも60歳台半ばといったところ。女性陣も3,40年前はさぞや女盛りだったんだろうなあ。(^^;
そんなところに私が入ったものだから、インストラクタのお姉さんから「あのー、こちらは腰痛予防の水中プログラムですけど。クロール教室の参加者はあちらですよ。」などと言われてしまった。

プログラムの中身は水中ウォーキング主体のエクササイズである。なかなか運動量が多いのにはちょっと驚く。いままで、ただ何となく水中ウォークをしていたのだが、インストラクタに教えてもらってさまざまなウォーキングのバリエーションがあるのがわかりとても参考になった。
「デュークなんとか」という高名なウォーキングの先生がいるけど、老人や故障モチには水中ウォーキングの方がずっと安全なような気がする。
平日の夜にはこういうプログラムがないので助かった。これからは一人でもできる。

受講者から見ればインストラクタのお姉さんなど孫みたいなものである。常連さんなどはインストラクタを適当にからかいながら和気藹々の雰囲気で楽しんでいた。(^^)

・・・
さて、プールから上がったあとの更衣室で・・。
人生の大先輩たちの会話が面白かった。
「おい、新潟じゃ大変だなあ。どうせこれから帰って昼寝をするだけだから、ボランティアに参加しようかな?」
「バカ言っちゃいけないよー!おまえさんなんか行ったって腰が立たなくなるのがオチだよ!」

・・・ずっと以前にもどこかで同じような雰囲気の会話を聞いたような気がする。
さて、どこだったっけ?
そうだ!私がまだ小さかった頃、父親に連れられて通っていた銭湯での会話風景にそっくり!
昔の銭湯の風景がいまは平日午前のスポーツジムの風景に重なる。
時代も変わったものである。

|

« 10cは再開2日目にしてならず | Main | 雨の日はジムへ »

Comments

あ~・・言われてみれば、そのとおりです。私も夜のプールに行くのですが、更衣室は銭湯の脱衣場そのものです。職場の近くにプールがあるので、昼休みに行くときもあるのですが、昼も夜も日本の高齢化社会を実感できます。

Posted by: おじん | 2004.10.28 07:08 PM

>「バカ言っちゃいけないよー!おまえさんなんか行ったって腰が
>立たなくなるのがオチだよ!」

この件ですが・・・新潟の地震の報道を見ていて思うのは、もう日本は高齢者ばかりだから、救助したりボランティアしたりするのも高齢者が自分達でやるしかないなぁ、ということです。腰や肩が悪い人は・・・どうしましょう。

Posted by: おじん | 2004.10.28 07:12 PM

たしかに高齢者の被災が目立ちました。
自分たちの身は自分たちで守る、しかないのですか。

Posted by: Nob | 2004.10.28 09:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ジムと銭湯:

« 10cは再開2日目にしてならず | Main | 雨の日はジムへ »