« クマと鉢合わせにならない方法 | Main | 10cは再開2日目にしてならず »

2004.10.24

靴を忘れて岩登り?

悟空スラブ終了点からの懸垂下降
肩の故障以来、1年と7ヶ月ぶりに幕岩を訪れた。
もちろんまだ肩は完治していないが、腰も膝も悪いことだし、完治するまで待っていたらいつまで経っても登れないので、これからは痛みの出ない範囲で登ることにした。

出発前はめずらしく興奮して、あれこれと持参装備の確認に万全を期した。つもりだった。(^^;
クライミングシューズの選定で悩み、どれにしようか迷ったのだがなかなか決められず、そのうち他の装備に目が移ってしまい、靴をザックに入れたつもりで出発してしまった。
岩場に着いて、さすがに真っ青になる。ない!ない!ない!靴が無い!
これじゃ登れない。
幸いというか、メンバーの一人が2足持っていて、使い回しすることに。
しかし、サイズが1.5cmも小さい。無理して入れてみたが纏足(てんそく)状態でとても歩けたものではない。
メンバーで一人が欠けるとオーダーががらっと変わるので、迷惑をかけるわけにはいかず痛みをがまんして登ることにした。
いてぇー!とてもじゃないが、爪が割れそうに痛くてまともには登れなかった。
ほとんど手登り状態で足を引きずりながらもなんとかリードして終了点へ。
着いたとたん裸足になる。ふー。
下りは持ってきたズック靴を履いて懸垂下降する。

あんな状態でリードするのは初めての経験だった。登ったルートが悟空スラブだからよかったけど、他のルートじゃとても登れないなあ。
でも、今回の失敗でよーくわかった。
「ああ、オレって靴のおかげで岩を登らせてもらってたんだなあ」

|

« クマと鉢合わせにならない方法 | Main | 10cは再開2日目にしてならず »

Comments

After looking over a handful of the articles on your site, I truly like your way of writing a blog. I bookmarked it to my bookmark site list and will be checking back in the near future. Take a look at my web site too and let me know what you think.

Posted by: Lucinda | 2015.02.08 01:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 靴を忘れて岩登り?:

« クマと鉢合わせにならない方法 | Main | 10cは再開2日目にしてならず »