« 一年ぶりの室内壁 | Main | 丹後山・兎岳・中ノ岳の稜線歩き »

2004.10.13

日本経緯度原点を訪ねて

日本経緯度原点
原点の標石(右の金属標)

地下鉄日比谷線神谷町駅を下りて飯倉方面に緩やかに続く坂を上がっていくと、機動隊のものものしい警備態勢に囲まれたロシア大使館が見えてくる。
大使館の手前東側、塀に沿った小道を100mほど歩いた突き当たり右側にそれはあった。

先日、この日記でも話題にしたGPSの表示測地系のことで、日本の経緯度原点が麻布界隈にあることを知った。
体育の日の3連休も台風22号の襲来とそれに続く秋雨前線の停滞で、山に出かける気が起きなかったので、東京に出たついでに立ち寄ってみることにした。

何しろ、日本の測量の原点であるし、「日本国道路元標」(日本の道路の原点)があるお江戸日本橋並に騒々しい場所か、あるいは深田百名山のピークみたいに「原点詣で」の人々で賑わう「名所」になっているのかと興味津々であった。
原点とGPS
ところがどっこい。
原点である旨の看板がなければそれと気づかないほど静かな場所だった。
まわりは中央官庁合同会議所、アメリカンクラブといった建物群に囲まれているが、休日のせいか本当に静かだ。
私みたいな物好きが記念撮影に訪れるのかと思って、しばらく休んでいたが誰も訪れない。

原点の由来書きが立派な石版に刻んであったので読んでみる。
『日本経緯度原点は、我が国における地理学的経緯度を決めるための基準となる点である。・・・』
それによれば、明治25年にこの地に天文台があり、そこの子午環(天体の子午線通過時刻と高度を同時に測定する装置。)の位置を日本経緯度原点と定めたものの、大正12年の関東大震災で焼失したため、おなじ場所に金属標を埋めたのが現在の原点だということである。

そして、平成13年に測量法が改正され、翌平成14年4月1日から施行されたのが、世界測地系による最新の経緯度表示ということになる。
現在の経緯度原点の経緯度は、
東経 139度44分28秒8759
北緯  35度39分29秒1572  とのこと。
自分のガーミンGPSで測ってみたら…
つまり、ここに来てGPSをかざしてみれば、自分の持っているGPSの精度が一目でわかるわけである。
GPS精度を確かめるのにこの場所ほど適したところは日本中どこをさがしてもないと言い切れる。
さて、わが愛機ガーミンeTrexの精度はどうなんだろう?
上の写真がその証拠写真。ちょっとぼやけてるけど、
N  35度39分29秒2
E 139度44分28秒9 … と読める。

1/10秒単位でドンピシャリ! やったね(^^)v

|

« 一年ぶりの室内壁 | Main | 丹後山・兎岳・中ノ岳の稜線歩き »

Comments

こんにちは。どうもおめでとう?ございます。
日本海プレートと太平洋プレートの押しくらまんじゅうで少しくらいずれそうなものだが・・・そんなわけないか。

Posted by: おじん | 2004.10.13 09:00 PM

おめでとう? ええ、ありがとうございます。(^^;
まあ、でも、原点に立つって気持ちいいもんですね。
アムンゼンやスコットが南極点を目指して命がけで探検をした気持ちがよくわかります。
先日話題になった経緯度の交点プロジェクトもマジでやってみたくなりました。
でも、疲れるしなあ。どうしようかなあ?

Posted by: Nob | 2004.10.13 11:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本経緯度原点を訪ねて:

« 一年ぶりの室内壁 | Main | 丹後山・兎岳・中ノ岳の稜線歩き »