« 長期会員に特典を | Main | SP2に振り回されて・・・ »

2004.09.27

紅葉に彩られた岩峰群に魅せられて

紅葉に彩られた岩稜
8月下旬に続いてまたも餓鬼岳を訪れた。
前回この日記に書いたときの添付写真が好評で、会の仲間から「紅葉の時期にぜひ行ってみたい」との声があがったのが再訪するきっかけになったのだが、私自身、餓鬼岳の隣に屹立する剣ズリの岩場に魅せられたことも大きい。
剣ズリの岩場から東沢岳にかけての稜線上には、小規模ながら花崗岩からなる岩峰群が点在している。
そこに至るには、お隣の餓鬼岳からの道を辿るか、中房温泉から荒れた沢沿いの道を遡るか、南の燕岳方面から縦走してくるかしか道はない。
いずれにしてもアプローチにたっぷり一日以上かかることは確かである。

…というわけで「中年・故障持ち・若葉マーク付きクライマー」である私にとっては、大汗をかいてたどり着くのが精一杯であり、そこに点在する魅惑的な花崗岩の岩峰群に手を触れるまでの余裕などはなかった。

しかし、今回再度訪れたかぎりではチョークの跡や、ましてや残置のボルトやハーケン類など一切見られず、誰の手にも触れられていないことは明かであり、どうしても一度はあの岩峰にチョークバッグとクライミングシューズを携えて触れてみたいと思うようになった。

こんな岩塔が至るところに

・・・・・
昨日は縦走路をじっくりと岩峰群を観察しながら歩いてみた。稜線の紅葉は最盛期を迎えていた。
クライミングから遠ざかっている私の判断だけでは心許ないので竜少年さんやクラブの仲間たちにも同行してもらい、美しい紅葉を愛でながらクライミングの可能性についても語り合った。
岩場を前にして、「取り付きはここからだね。」とか「このスラブはきれいだなあ!」なんていう会話を交わせるのは楽しいものだ。

登山道のあちこちに点在する岩峰の高さは、高いものでも20m位だろうか。小川山の屋根岩のように小岩峰が段々に連なっているものもある。
それら岩峰の多くはショートピッチかせいぜい2ピッチ程度のものだが、中には4ピッチ程度につなげられるマルチピッチクライミングが楽しめそうな岩稜を見いだすことができた。

身体の故障でここ一年間クライミングから遠ざかっている私にとっては、どれも到底登れるルートではないが、弱点をつけば初心者でも楽しめるルートはたくさんできると思う。
そして何よりもロケーションに恵まれているため、周囲を取り囲む高峰の景観を心ゆくまで楽しみながらの爽快なクライミングを楽しめることが何よりの贈り物だと思う。

私たち中年登山者にとっては、テント持参ではせいぜい2泊3日で一日をクライミング日にあてるのが精一杯だと思う。
重い登攀具を担ぎ上げて、たった一日のクライミングではまったく割に合わない気もするがそれでもいいと思う。何しろ見るだけでも楽しいし、花崗岩がつくりだす不思議な造形の妙に誰でも思わず引き込まれるにちがいないからだ。

気心の知れた仲間たちと日長一日ノンビリとクライミングに興じてみたい。
実際問題としては実現は難しいかもしれないが、剣ズリ周辺の岩場は、一度は触れてみたい衝動にかられる魅惑的な岩峰群だった。

|

« 長期会員に特典を | Main | SP2に振り回されて・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 紅葉に彩られた岩峰群に魅せられて:

« 長期会員に特典を | Main | SP2に振り回されて・・・ »