« 夏山最盛期 | Main | 岩登り講習会にて »

2004.08.31

忘れられた山稜

立山剱連峰をバックに(剣ズリにて)

餓鬼岳から東沢岳を経て燕岳にいたる稜線。
中沢岳(剣ズリ)からガスの切れ間の彼方に浮かぶ燕岳方面を眺めている時、どこかで同じような光景に出会ったような既視感(デジャビュ)におそわれた。
さて、どこだったろう?
帰ってからようやく思い出した。
熊ノ平から新蛇抜山を経て北荒川岳から塩見岳にいたる尾根筋だ。いわゆる仙塩尾根の一角を形成する濃密な山稜のそれを思わせる悠揚さがそこにはあった。
北アルプスにあって北アルプス的でない「忘れられた山稜」である。

・・・・・・・・・・
花崗岩の白い沢床を滑り落ちるように豊かな水しぶきが立つ。
傍らにはシラヒゲソウの可憐な白い花がそこかしこに咲いていて目を楽しませてくれる。
危険な箇所にはしっかりとした梯子や桟橋が架けられており訪れる登山者が安心して登れるような配慮が行き届いている。
餓鬼岳に至る白沢道は小屋の主人の心配りが光る素晴らしい登路となっていた。

鋭い花崗岩の岩峰群に囲まれて
目の覚めるような花崗岩の岩塔、岩峰の連なる剣ズリの通過。
剣ズリから東沢岳にいたる稜線のそこここにクラックやフェイスの発達した花崗岩の岩峰が聳えている。クライマーにはこたえられない魅力的なラインがたくさん引けそうだ。
登山道はそれらを巧みに迂回しながら南へ伸びていく。
ハイマツの緑と白い岩峰のコントラストがまぶしい。

奥北燕岳に登り着くと迎えてくれたのは可憐なコマクサの大群落。
もう夏の終わりだというのに広大な砂礫の斜面いっぱいに咲いていた。
夏の終わりに遅れてきた登山者である私たちを待っていてくれたみたいだ。

・・・・・・・・・・
今夏は体の故障、体調の不良に悩まされ続けた。6月から8月までほとんどの山行予定をキャンセル。友人たちからの数々の山行の誘いには心ならずも辞退を重ね続けた。

しかし、夏の終わりの最終週に素晴らしい山行ができたことを心から感謝している。
山行を企画してくれたリーダーのhime☆。快く同行してくれたucciさん。
本当にありがとう。

ポーター役ありがとう


|

« 夏山最盛期 | Main | 岩登り講習会にて »

Comments

Nob さんこんばんわ

しばらくです 昨年はいろいろ有難う御座いました

相変わらず 単独登山です 
クライミングやりたくても 運命の星が巡り会いません
 
昨年9月 50肩に襲われまして 左肩が上らなくなり
1年経ってやっと 治りかけてきました。

何時も岳樺クラブのHP は拝見させて貰っています。
未だクライミングの夢は捨てていません

ただ仕事が きつく 今四国 新居浜に出張中です
一時本社勤めで 良かったのですが 役員解任されてー出張ばかりです

今年還暦登山で 白馬岳 杓子岳 鑓ヶ岳 テント担いで行ってきました。

新井様の活躍 陰ながら 応援 見守っています 。

成功祈っています。 


----- 堤 征紘 -----

千葉県山武郡大網白里町上貝塚427-9
090-2219-1817  

堤 征紘

Posted by: 堤 征紘 | 2004.09.10 11:04 PM

堤さん ご無沙汰しております。
山梨出張とのことでしたが、いまは四国新居浜ですか。
あいかわらずお仕事大変ですね。
堤さんも肩をこわしたとのことですが、私は肩と腰を悪くしてます。
いまはダマシダマシ登り始めていますが、気分は最低です。(^^;
早く1年前の状態に復帰したいものだと切望している毎日です。
白馬三山のテント縦走お疲れさまでした。
まだまだ、大丈夫ですよ。(^^)
こんど千葉の方に戻られましたらぜひまたご一緒しましょうね。

Posted by: Nob | 2004.09.11 09:15 PM

こんにちは。さきほどTVで燕山荘の番組をやっていました。その中で燕山荘で行われたコンサートの映像があったのですが、ひょっとして一番前に陣取っていませんでしたか。アップで映っていたような気がするなぁ。アンコールって大声を上げていませんでしたか。(笑)

Posted by: おじん | 2004.09.13 05:56 PM

うーむ。
おじんさんにまで面が割れてしまいましたか。(^^;
いや、もうそのとおりです。
酩酊状態で目はトロン状態。
恥ずかしいことおびただしいですね。
全国指名手配みたいなもんです。

Posted by: Nob | 2004.09.13 07:26 PM

うーむ。(謎)
どうしてわかったのか・・・わかりません。が、とにかくボケ~っとTVを見ていたときに「あれれ、Nobさんとhimeさんがいる」とピンときました。何でわかったのかなぁ。不思議です。

Posted by: おじん | 2004.09.13 08:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 忘れられた山稜:

« 夏山最盛期 | Main | 岩登り講習会にて »