« これは使えるGPS! | Main | 新緑の畦ヶ丸にて »

2004.05.29

リハビリプログラム

富士にはクライミングがよく似合う?
昨年の10月以来クライミングから遠ざかっていると、おいそれとは復帰できないものである。
まだ肩も坐骨も痛みが引かない中でおそるおそる可動領域を広げてみる。

前週の広沢寺弁天岩では基本的な三点支持と足先での立ち込み、それに懸垂下降を復習する。
そして、今回の三ツ峠でのテーマは簡単なピッチでのリードとやや歯ごたえのあるピッチでの安定したフォロー。
とにかくロープとパートナーとお友達になること。

ダブルロープ(ドッペル)でのリードクライミングは7ヶ月以上も遠ざかっているので、不安ばかりが先行する一日だった。
それでも、一日中顔を出してくれた富士山に励まされ、またリハビリ仲間の錦さんやMIKIさん達に助けられての楽しいクライミングだった。

中央カンテでは最初の易しい2ピッチのリードをやらせてもらう。
ロープの流れはまずまずだ。
後半の3,4ピッチはMIKIさんにバトンタッチしてフォローにまわる。
久しぶりの中央カンテのクラックにちょっぴり緊張。でもなんとか登りきる。

後半は権兵衛チムニーで遊ぶ。
ここは2回目だが、前回は割と楽に登れたので今回も、と思い錦さんリードのあとフォローさせてもらう。
ところが、全然思うように登れない。
フォローなのにA0を使ってしまう。うーん、情けないなあ。

やっぱりまだまだである。
錦さんからは「チムニーはふだんあまりやらないスタイルだから仕方ないですよ」と慰められる。ラストのMIKIさんは骨折してから2ヶ月半だというのにザックを背負って軽々とフォローしてきた。
うーん、A0を使った自分が恥ずかしい。

錦さんのアドバイスどおり、いまは身体の可動域を広げることと当分はフォローで岩に慣れよう。
DCCの仲間に助けられてリハビリプログラムを一歩一歩こなしていきたい。

そして、もしも秋になって力が戻ってくれたらリードクライミングに復帰したい。

|

« これは使えるGPS! | Main | 新緑の畦ヶ丸にて »

Comments

なんだか最近この雑記帳もムズクなったねぇ。A0とはなんだ?で調べまくった。フツーに検索しても載ってないよ。百科事典にもモチロンない。ようやくA0とはゼロだとわかり、そうしたらプロテクションという横文字にぶちあたり…。プロテクションも検索したら???残置のことらしいとわかったけど、そこはきちんと調べないと気がすまないたちでして。。。な~んだ、クライミングでゼッタイにやっちゃいけない!って教わったことしてるんじゃん。だけど、頼むから( )でイイから日本語で書いてよ、ホントに!初心者にもわかるヤサシイ雑記帳であれ~^^)v

Posted by: hime☆ | 2004.06.01 07:27 AM

こんにちは。何とか現場復帰しつつあるようで、どうもおめでとうございます。A0って、やっちゃいけないのですか。昔は遠慮なくやってましたけど。(笑)

Posted by: おじん | 2004.06.01 07:49 AM

A0で思い出しましたけど、昔(私の話は全部昔話です。^^;)残置ハーケンやボルトのような人工物を掴んではイカンという論議から、そんなこと言うならクライミングシューズのような人工物を身に付けるのは反則だということになって、とうとう御在所藤内の一の壁を裸足で登った奴がいました。
その次は、服を着ていること自体が反則だということになったわけですが、さすがにそういう奴は見ませんでした。でも、どこかでストリーキング・クライミングしたニュースがあったような気もしますが。

Posted by: おじん | 2004.06.01 07:58 AM

> な~んだ、クライミングでゼッタイにやっちゃいけない!
> って教わったことしてるんじゃん。

hime☆にクライミングを教えた覚えないぜ。
A0はふつう「エーゼロ」って言うんだけど、まあざっくばらんに言うと支点についているスリング類に手や足をかけて登ることかな?
フリークライミングではハーケンやボルトの支点は自分の身を守るためには使うけど、それを掴んで登ったりはしないんだ。

もちろん、「人工登攀」と言って縄ばしご(アブミ)とかを支点にかけて積極的に使うスタイルもあるけどね。

A0のAは「artificial」のAだか、「aide」のAだかは忘れちゃったけど、語源はあんまり問題ないよね。hime☆の場合には(^^;
だから当然A1とかA2とかA3とかもあるわけ。

今回のルートはフリーで登れるルートなので、通常はボルトやハーケンについてるスリング(ひも)を掴んだりはしない。
でも、落ちるのが怖いのでつい掴んじゃったってわけ。(^^;
だから恥ずかしいんだよ。
あー、ツカレタ。

Posted by: Nob | 2004.06.01 12:51 PM

>hime☆にクライミングを教えた覚えないぜ。

師匠にも教わったことあるんだけどなぁ。忘れられてるなんて悲しいやねぇ。(T_T)
でも残置を信用したらイカンと以前三つ峠でタマ・タズコンビに教わったんだけど…。
表妙義でそれやったら、あやうく落ちるかと思った。鎖はヤッパリ鎖。残置ではない?^^;

Posted by: hime☆ | 2004.06.01 10:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference リハビリプログラム:

« これは使えるGPS! | Main | 新緑の畦ヶ丸にて »