« GPSを買うか! | Main | 悩める箱 »

2004.05.22

テストクライミング

久しぶりの懸垂下降
台風一過の青空を期待していたが、朝からあいにくの曇天。
曇り空どころかいつ雨が降り出してくるかわからない空模様にやきもきする。

昨年秋に肩を故障してからはゲレンデはおろか室内壁にも行っていない。
ひたすらストレッチ筋トレ中心のリハビリの日々を送ってきたが、夏の本チャンを考えるとそろそろテストクライミングだけでもやっておかなければならない。

そこで、DCC(岳樺クライミングクラフト)の錦少年とMIKIさんの3人で広沢寺のゲレンデを訪れた。

3人とも指や肩や腰を痛めており、奇しくも3人ともリハビリを兼ねたクライミングである。
中年を過ぎるとちょっとした故障でも回復までに1年、2年単位の期間がかかるということが身に染みてよくわかった。

前夜は久しぶりに3人が顔を合わせたのでテントで軽く一杯のつもりが十杯に。(^^;
おかげで今朝は頭が痛い。

曇り空にもかかわらず広沢寺の岩場は満員の盛況である。
20歳代の若者から60歳代後半と思われるオールドクライマーまで賑やかな風景だ。

今日はリードは自重してフォロアーに徹する。
登れるかどうかまったく自信がなかったが、ハーネスにロープをつけて岩に向かうと、自然に手足が高みへと導いてくれた。

5.6から5.8程度の易しいルートばかりを足で立ち込むことに注力して登りきった。
不安だった懸垂下降も軽やかにこなせたし、リーダーの錦少年からも「明日、肩と腰に痛みが広がらなければ今夏一緒に本チャンに行きましょう!」とのありがたいお言葉をいただく。うるうる…

まだ当分は室内壁などのフリーククライミングは無理だが、少しずつ動ける範囲を広げていきたい。

|

« GPSを買うか! | Main | 悩める箱 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference テストクライミング:

« GPSを買うか! | Main | 悩める箱 »