« 悩める箱 | Main | リハビリプログラム »

2004.05.26

これは使えるGPS!

箱はついに開けられた
箱を開けるか開けざるべきかで悩んでいたが、目の前にある箱の魅力には勝てずに、とうとう開けてしまった。
大きな箱の割には軽いなあと思っていたのだが、案の定丸められた新聞紙の下から出てきたのはかわいらしい黄色いGPSと取説(日本語版+英語版)一式、それにPCケーブル。

eTrexは携帯よりも小さくかわいらしい。そのくせ存在感を誇示するようにずっしりと重みを感じるのがうれしい。
心配していた説明書も日本語版がついているし、カシミール3D「GPS応用編」があるのですぐに理解できた。

昼休み、さっそく会社の庭で試してみた。
電源ONにすると上空にいるGPS衛星を探している画面が現れた。
「しばらくお待ち下さい云々」という英文表示のあと、ウォッチされた衛星の数と受信状態がはっきりと表示される。
うーん、感激!
高度何万キロメートル彼方の人工衛星と会話を交わしている雰囲気がして何故か誇らしい気分にさせてくれる。(^^)v
7~8個の衛星の電波を受信できた。
これは使える!
さっそく会社の入口にウェイポイントを設定する。
そこから500mほど歩いて行き、設定したウェイポイント目指して歩いてみる。
画面表示には方向の矢印や方位、目標までの距離、歩行速度などが刻々と変化していく。
うーん、感動だなあ。
適当に歩いて、ウェイポイントを設定した場所に戻ってみると誤差が7.5mほどあった。
取説によれば、水平誤差はプラスマイナス7m。したがって最大15mの誤差が生じる計算だが、7.5mはかなり小さいと感じた。
山に入れば樹林帯などで衛星の電波状態は条件がきびしくなるだろうが、道迷い防止の頼れるツールになること間違いない。

会社の帰り道、駅までの道の要所要所にウェイポイントを設定し、「ルート」を作りながら帰った。
明日の朝、このルートをたどって会社に行こうっと。(^^;

わが愛しのアイテムの仲間入りか?

|

« 悩める箱 | Main | リハビリプログラム »