« 残雪の谷川岳を登る | Main | 自己責任 »

2004.04.25

新緑の陣馬山を歩く

腰痛や坐骨神経痛の本を読むと、急性期の痛みがある時は別だが、ある程度落ちついたら適度な運動も必要、とのくだりを見つけたのでさっそく軽いハイキングに出かけてみた。
先週の谷川岳で当分は懲りたはずなのに、痛みが落ちつくとまたぞろ山に向かいたくなってしまう。困ったものである。

さて、今週選んだ場所は裏高尾というか中央沿線のポピュラーな山である陣馬山だ。本当は「陣場山」が正しいのだが、山頂に白馬のモニュメントも置かれてしまい、すっかり陣馬山が定着してしまったのでこれに従う。

陣馬山頂からの三国山方面

photoアルバムはこちら

いくらポピュラーとはいえ、ありきたりの登山道を登ったのでは岳樺の名が廃る?ので、登路には道のない尾根を選んだ。

藤野駅から和田行きのバスに乗り、終点の和田下車。
バス停には県立陣馬自然公園センターの立派な建物が建っている。今回はこの建物のすぐ脇に降りてきている枝尾根を登路にとってみた。
ニフティのフォーラムでハンドル名「筆まかせ」さんが報告していたルートである。名称がないので陣馬センター尾根(仮称)となっている。
センター脇の石段を登り、墓場を右から回り込むとすぐに擬木の木段が続いている。急な坂だがしばらく登ると道は消えてしまった。
出がけに地図とコンパスで方向を出しておいたので時々コンパスを出して方向確認をしながら急斜面を登る。
ときどき黄色いプラスチック杭が出てくるのでそれを頼りに尾根筋を外れないようにしてひと登りで一ノ尾根のハイキングコースに合流した。この時期はまだ藪が深くないので難なく尾根に上がれたが、6月過ぎると藪こぎを強いられると思う。

一ノ尾根からは立派なハイキングコースをたどるだけ。右手(南面)には丹沢山、蛭ヶ岳などの主脈の山々が北面に雪をべったりとつけて聳えていた。これらに姫次、焼山を加えた東丹沢主脈の峰々はなかなか立派な山容だ。さらに右手には大室山の端正な姿もみられる。

登り着いた陣馬山では360度の大展望が待っていた。山座同定のしがいがあるというものだ。(^^)
富士山は無論のこと、遠く南アルプスの赤石岳、悪沢岳の白銀の山々には感激した。
ちょこっと書くと、大山三峰山から始まって、大山、丹沢三峰、丹沢山、蛭ヶ岳、姫次、檜洞丸、大室山、富士山、赤石岳、悪沢岳、百蔵山、扇山、滝子山、大菩薩連嶺、金峰山、笹尾根、大岳山、、、etc
短い歩行時間で得られる展望はデッカイ。なんとコストパフォーマンスのいい山なんだろう。

ま、それはさておき、今日はリハビリハイキング。ペースもぐっと遅くして新緑に身体全身を浴びながらのんびりと歩いた。
下りに入って案の定右足に痛みが出てきたが休むほどでもないのでゆっくりとしたペースを崩さずに下山の途についた。

今日は雲一つない快晴に恵まれた反面、吹きぬける風はとても冷たかった。とってもさわやかな一日をフィトンチッドをたくさん浴びながらの快適ハイキングだった。
これで痛みがなければ最高の一日なんだけど・・・。

<タイム>
藤野駅(8:11)===和田(8:27~37)・・・一ノ尾根上615m地点(9:08~15)・・・陣馬山(9:55~10:10)・・・明王峠(10:43~50)・・・矢ノ音(11:05)・・・孫山(11:35)・・・与瀬神社(12:02~05)・・・相模湖駅(12:14)

|

« 残雪の谷川岳を登る | Main | 自己責任 »

Comments

こんにちは。陣馬山、私も先月登りました。といっても、何とか峠からチョロっと歩いたら頂上でしたので、登ったと言えるのかどうか。^^;
関東の山に行ったのは初めてです。4月から子供が東京に出たので、荷物を運んだ帰りに寄りました。渥美半島から東京を往復すると600km以上走ることになりますので、日帰りとなると山に登っている時間的余裕はあまりありません。でも、東京まで行く用事があったら、ついでに一山ゲットしようと思っています。

Posted by: おじん | 2004.04.25 06:03 PM

http://www.asahi.com/science/update/0425/001.html
↑腰痛ヘルニアのレーザー治療のことをTVで見て、こりゃ助かるなぁ・・と思っていたのだが、こうなると保険適用になりそうもない。期待していたのに。

Posted by: おじん | 2004.04.25 06:15 PM

おじんさん こんばんは

え、関東の、それも陣馬山に登ったことあるんですか?
「何とか峠」とは、たぶん和田峠でしょう。
あそこからならほんのひと登りで頂上です。(^^;

でも、陣馬山は拙文にあるとおり好展望の山として知られています。
また、高尾山からジョギング縦走している人も多いです。尾根がなだらかで走りやすいのです。私はモチロンやりませんが。

あ、それからヘルニア情報ありがとうございました。
顕微鏡手術と内視鏡手術ってのがあるんですね。
レーザーは私も聞いたことがありましたが、副作用の報告があるんならちょっと怖いですね。

Posted by: Nob | 2004.04.25 07:48 PM

こんにちは。高尾山からジョギング縦走ですかぁ。関東の山は恐ろしいのですね。では、次回の東京行きのときは、高尾山に寄ってくることにします。
陣馬山ですけど、私が行ったときには展望は全然駄目でした。天候の良い冬にでも、もう一度登らなくちゃ気がすみません。^^;

Posted by: おじん | 2004.04.26 11:25 AM

久しぶりに横レス。
ようやく私でも理解できるような内容になってきましたんで。^^;
さて、話題のジョギング縦走ですが、昔ウチの父親もやっていました。私も誘われましたが、とんでもねぇでごぜぇますだ。
高尾山は是非滝めぐりコースを登って来てください。

筑波山もとりあえず百名山ですし、いいトコです。奥久慈男体山もオモシロイ山です。関東もイイ山いっぱい。
今度東京に来られたときに、一緒に登りましょ。(^o^)/

Posted by: hime☆ | 2004.04.26 09:01 PM

こんにちは。滝めぐりコース・・・地図で調べたけど、そういう名前のコースは見当たりませんでした。琵琶滝からトビ石に至るコースのことでしょうか。何だか道が込み入っていて、ヤヤコシイ山ですな。

Posted by: おじん | 2004.04.26 09:28 PM

「高尾山 滝めぐり」で検索したら滝めぐりコースというのがあったんでてっきりそうかと。。。シ・ツ・レ・イ。
高尾山公式HPで確認しました。6号路びわ滝コースです。
稲荷山コースも展望はまぁまぁいいのですが、道は登山道とは言い難い。まぁいろんなコースがあるので楽しんでくださ~い。

Posted by: hime☆ | 2004.04.26 09:39 PM

おじんさん こんばんは
高尾山はいいですよー!
標高こそ600m位しかありませんが、本当に自然がよく保たれています。
私は18歳の時まで東京暮らしでしたので、高尾山は奥庭みたいなもんでした。(^^)
高校生の頃は、高尾山、奥多摩の低山を500円札を握りしめて歩き回ったものです。(あ、つまり1回の山行は500円以内で済んでましたので)

奥多摩、奥武蔵の低山徘徊で山登りに目覚め、丹沢で沢登りの洗礼を受け、さらに命知らずな者だけが谷川岳に挑むというのが関東の山の世界の「単純一次方程式」でした。(^^;

その出発点が高尾山なのです。ホントかな?

Posted by: Nob | 2004.04.26 10:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 残雪の谷川岳を登る | Main | 自己責任 »