« 桜咲く | Main | 土筆 »

2004.04.01

バトンタッチ  小屋番hime☆の門出

4月1日 新しい年度のはじまり

小屋番Nobが管理しているいくつかのサイトの内、千葉県勤労者山岳連盟のサイト管理を後継にバトンタッチした。

いやはや、どーも、、、
HTML言語のソース表示を見て『ナニコレ?こんなの初めて見た。おたふくソースしか知らんもんね。』と広言してはばからないヒトに一から教えるのは、忍耐の日々でもあった。(^^;

2月から始めて2ヶ月弱の特訓。
自宅におじゃますること4度。ついにはパソコンのセットアップまでやらされるハメに。(これは結果的に失敗。師匠の権威失墜のはじまりとなる。)

なーんも知らないもんねー、などとうそぶく弟子ではあったが、「知識」はなくとも「やる気」だけは満々とあるというのは最高の強みか。
多い日には一日に数度のメールのやりとりも交え、みるみるスキルアップしてきたのには心底驚いた。

3月も終盤に入ると、師匠のワザに加えて独自の工夫をほどこす念の入れように師匠も弟子の上達ぶりに目を細めるほどになりました。(^^)

そして迎えた3月31日。
4月1日の午前零時を機に新旧サイトの切り替えを約束したものの、歳には勝てない師匠が睡魔に襲われ23時に切り替えるフライングもあって、30分ほど早い切り替えとなりました。
本日より千葉県勤労者山岳連盟のサイトはURLが変わりました。
新しいURLは、http://f14.aaacafe.ne.jp/~cwaf/ です。

「小屋番日記」愛読者のみなさんもぜひわが愛弟子の作品を見てあげてください。

小屋番流HP作成術の後継者ができたので由緒深い「小屋番」の称号をプレゼント。
その名も「小屋番hime☆」 

でも、バトンタッチってなんか寂しい気もするなあ。

|

« 桜咲く | Main | 土筆 »

Comments

こんにちは。早速、拝見してきました。立派なホームページがあるのですね。後継者も頼もしいし、これで安心して引退・・・なんてことはないか。(^_^;)
何にしても、自分の周りが次々と巣立っていくと、嬉しいやら、寂しいやら。周囲の成長を見て自分の老化を認識するものでしょうか。おっと、つい爺臭い話になってしまってスイマセン。

Posted by: おじん | 2004.04.02 10:36 AM

おじん様
いつもコメントを付けてくださりありがとうございます。
今日、出張で直帰だったので早めの帰宅とあいなりました。

で、はじめておじんさんのサイトを訪問しました。
最初、投稿者名がクリッカブル設定になっていたので、メルアドかな?って思ったのですが、なんとホームページだったのですね。

いやー、すごいなあ!
おじんさんは税理士さんだそうですが、失礼ながら本業のことよりも無線と山の写真で埋め尽くされていますね。(^^;

これは読み応え(見応え?)のあるサイトです。
東海地方の山々がずらっと並んでいるさまは壮観だなあ。

税理士といえば、私の岳友にも税理士さんがいますが、そのヒトもすごいですよ!
私のホームページのリンク集にもありますから今度お教えしますね。(^^)

それにしても取得された資格のバラエティーに富んだこと!
人呼んで「スーパーおじん」なんて言ったら怒られちゃいますね。すんません。m(_ _)m

Posted by: Nob | 2004.04.02 04:13 PM

こんにちは。ま、私のサイトのことはさておき(^_^;)中高年のクライマーの皆様には感心しております。自分自身は、日帰り低山ハイクが関の山ですからねぇ。
こちらでは鳳来町の明神山鬼岩で岩にぶら下がっているクライマーを見ることがあります。もちろん若い人も多いですが、中高年も結構いるのですよ。すごいな~と思って見物してます。
30年ほど前、自分がやっていた頃とは大違い。筋肉マンが屋根のようなハングを攀じているのを見ると飽きません。腹の出た白髪の中高年でも攀じてますからねぇ。どうなっちゃってるんだろう。

Posted by: おじん | 2004.04.02 07:04 PM

これは公開交換日記みたいッスねぇ。^^;
でも中年(老年?)ジェントルマン二人だと淋しくはあ~りませんかぁ?(爆)

「HPでぇ気をつけなければならないことはぁ、セキュリティ!」な~んて言っといてマッタクここまで書くかよ!ってのが、うちの師匠のイイところ?(調子の!)  う~む、でも悔しいけど、内容にうそ偽りはありませぬ。でもやっぱ、師匠は「忍耐」の日々だったのねぇ。私には、トッテモワクワクする楽しい時間でしたけど…。^^)v

ところで、おじんさんもやはり岩をやる(やった?)人なんですね。岩に「はまる」のはなんとなくわかるような気がします。
岩トレにまた行きたいなぁ。とにかく基礎をきちんと身につけたいっス。HPの師匠から今度は「山(岩)」の師匠になってもらわなきゃ。o(^-^)o

Posted by: 小屋番hime☆ | 2004.04.02 09:03 PM

小屋番hime☆さん、こんにちは。師匠のおっしゃるとおりセキュリティは大事ですよ。肝に銘じましょう。掲示板とかあったら、管理人はボケ~っとしてたらいけません。コメントスパムにやられないように。(^_^;)
ところで、私の場合は山登りじゃなくて低山ハイクです。岩場に通ったのは、ず~っと昔の若い頃のことです。今となっては畳の縁にもつまづいていますので、かなりヤバイ。

Posted by: おじん | 2004.04.03 07:11 AM

おじんさん、おっは~。
な~んか、人のHPでこうして個人的な内容を書くのって慣れてないから、実は違和感のカタマリ!!なんですけど、まっ、いいかっ。師匠もなんかコメント書け!ってようやく言ってくれたことだし、(今頃言わなきゃよかったって思ってるかも?)

おじんさんのHPのコメントになにかコメントをカキコしようって思ったんだけど、あれはムズイわ。だって、私の知らない山ばかり。^^;
ところで、アマ無線1級なんですかぁ?
バリバリの理系の方とお見受けいたしまする。
ひぇぇぇ~、まだ4級も取っていない私といたしましては肩身が狭ぁぁいッス。そういえば、3月21日に北八ヶ岳の東天狗山頂でアマ無線のアンテナ立てて1時間以上いた人がいました。私たちが西天狗を往復してきてもまだやってました。^^;
寒くないのぉ?キットあ~いう人は東天狗でアマ無線をやりに山に来たんでしょうねぇ。おじんさんもそんな感じなんですの?

ついでに…
あ~ぁ、我後継者?ヒメのサイトってこのHPで紹介してもらったのに、なぜか今はUPできません。いろいろいじくっていたからなぁ。HPの師匠も当分降りるわけいかないねぇ。^o^)「HP」と「山(岩)」の師匠と両方ヨロピコ。ペコリ。m(_ _)m
(なお、小屋番の称号はとりあえず、進退伺いで師匠に差し出しておりまするぅ^^;)

Posted by: hime☆ | 2004.04.03 08:33 AM

こんにちは。山に登ってアマ無線する人には二種類ありますね。一つは山に登ったついでに小さな無線機とホイップアンテナで少し交信するパターンです。
もう一つは、無線をするために山に無線機を担ぎ上げるパターンです。こういう局はポールを持ち上げて山頂でアンテナを立てます。鉛のバッテリーも持ち上げます。ひどい奴は発電機を持ち上げて、山頂でエンジン回してます。おまけにキャンプ禁止の山頂にテント張って、夜も無線します。許せん。(^_^;)

Posted by: おじん | 2004.04.03 07:30 PM

ところで、北八ヶ岳の東天狗岳・西天狗岳で思い出しました。昔々30年前の若い頃(こればっかし。^^;)冬に天狗岳の西尾根を登ったことがあります。
かなり雪が多い年だったので、西尾根の途中で時間切れになってツェルトビバークしました。天候が悪くて視界が無かったので、その場所がどこかわからなかったのですが、翌朝天候が良くなって西天狗の直下のコルであることが判りました。
でも、数人の仲間と一緒だったので余裕の楽しいビバークだったなぁ。もちろん全員男でしたが、ツェルトの中で抱き合ってました。(笑)

Posted by: おじん | 2004.04.03 07:42 PM

私もその昔(笑)冬の天狗岳西尾根をたどったことがあります。
今でこそ、あそこは結構歩かれているようですが、昔は静かなもんでしたよね。
好天に恵まれたこともあって、西天狗岳の頂上に立ったのが3時半ころだったかな?
テン場の黒百合平には薄暗くなって着きました。
道中、誰にも出会わない静かな山行でした。

Posted by: Nob | 2004.04.03 08:43 PM

東天狗であった無線マニアの人はちゃんとポールを立てていました、あの狭い山頂に。はっきり言ってチト迷惑になっていたかも?(笑)

西天狗の西尾根って唐沢鉱泉に下るルートのこと?3月21日はしっかりトレースが付いていましたよ。昔を知っている人は今の八ヶ岳には登れないって言ううわさもありますが…。黒百合ヒュッテもトイレが改装されてなんと小屋から行けるようになったんですよ、そして、ポカポカ暖房便座。山小屋でそこまでしてイイのぉ?とチト首をかしげてしまいました。

さて、今日も快晴でしたが山には行かれました?
私は青山墓地に行って花見?そのあと東京都写真美術館で「アフガン零年」を見てきました。NHKの番組でちょっと紹介されてたので見たいなぁって思っていたのです。虹をわたるラストシーンを変更したことで有名なこの映画ですが、ラストは「えっ、これで終わりぃぃ?そ、そんなぁ…」でも、一見の価値あり。今は東京でもここ一箇所でしかやっていないから、おじんさんはチトきついかもしれませんが、全国公開されるようですよ。って、こんな関係のない話、こんなコメント欄に書くなって?そのとおり。^^;

Posted by: hime☆ | 2004.04.04 12:05 AM

なっなんと!ポカポカ暖房便座ですか。我が家より余程リッチだ。その昔(笑)冬山で冬季小屋のトイレを使おうとすると、凍った大キジがビラミッド作ってました。よって、足の短い人はしゃがめない。でも、トイレがポカポカ暖房じゃあ、大キジピラミッドは見られんなぁ。

Posted by: おじん | 2004.04.04 09:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference バトンタッチ  小屋番hime☆の門出:

« 桜咲く | Main | 土筆 »