« January 2004 | Main | March 2004 »

2004.02.29

駅から徒歩15分の山

2月28日、上越の荒沢山を訪れた。

前々から気になっていた山の一つである。
上越国境の長いトンネルを過ぎて土樽駅に近づくと右手にそびえる二つの山が荒沢山と足拍子岳。
いつか登ってみたいと思っていたところ、クラブの竜少年さんから誘われてヨーコさんと3人で出かける機会を得る。

土樽駅のすぐ近くに聳えているだけあってアプローチはまことに近い。
駅舎を出て除雪された車道を歩くこと5分。そこからスノーシューをつけて10分足らずで登路となるカドナミ尾根の取り付きに着く。尾根の取り付きにはロッジ風の大学の寮が建っていた。
まさに「駅から歩いて15分」の山である。
標高1000m付近からの足拍子岳
今シーズン、スノーシューによる2度目の山である。
前回の奥日光はまさにスノーシューのための山だったが、今回は深雪のラッセルや結構急な登りもあり不安が先行する。
案の定、カドナミ尾根の初っぱなから深雪で急なラッセルに苦しめられる。スノーシュー用のアイゼンをつけて臨んだものの急な斜面ではなかなか乗り越えられない。水平距離にして50mほど登ったところで登高を断念する。

大学寮に戻り、こんどは先行者のラッセル跡が荒沢尾根方面に続いていたのでそれを辿ることにする。ワカンによるトレースはしっかりと続いていた。
トレースはこのまま荒沢尾根に向かうかなと思っていたところ、北カドナミ沢を渡らずにカドナミ尾根の末端を大きく回り込む形で尾根の南西端から登り始めていた。
たしかに当初われわれが登路にとった尾根筋よりも傾斜は緩く登りやすい。
ムム、この先行者たちは相当な手練れと見た。(^^;

尾根の取り付きは急だったものの、登るにつれて徐々に傾斜はゆるくなり雪も締まってきた。これなら壺(つぼ)足でも登れると判断してスノーシューを外す。

この頃より暑さのためか?竜少年さん、ヨーコさんが遅れ始める。
標高1000mに達したあたり、尾根が広くなっており展望も良いので休憩をとる。ここで、二人と別れて頂上をめざして先に行かせてもらう。
顕著な尾根筋を右側に張りだした雪庇に気をつけながら高度をかせぐと先行する3人パーティーに追いついた。ラッセルのお礼を言ってから最後の登りで先行させてもらう。いままでのラッセルの恩返しをしなければ…。


登り着いた頂上では360度の大展望が待っていてくれた。
特に眼前の足拍子岳がするどい鋭峰を天に向けて聳えていた。この峰を結ぶ稜線には大ギャップが立ちはだかり簡単には辿らせてくれないことは先刻承知であるが、いつかは辿ってみたいコンパクトで魅力的な稜線だ。

荒沢山頂から足拍子岳を望む
やがて3人パーティーも追いつく。彼らは群馬から来たとのこと。胸にはきちんとビーコンがセットされている。しっかりとした山屋さんたちだ。彼らに写真を撮ってもらい早々に引き返す。

頂上から6分ほど下ると、竜少年さんに出会う。せっかくここまで来たんだからザックを置いて空身で登ってもらう。
山頂直下にちょっとした岩場があり両側が急に落ち込んでいるので、疲れ気味のヨーコさんには残念だがここで待っていてもらう。

やがて竜少年さんも戻ってきて3人で往路を引き返す。
途中、雪崩の斜面に肝を冷やしながら日射のためザクザクに腐った雪の斜面を下る。壺足では深く潜るようになったので再びスノーシューを着けて快適に下った。

今回の登山では往復新幹線を使うというかなり贅沢な山行だったが、朝6時20分に東京駅を発って、夜7時には再び東京駅に戻ることができた。
荒沢山は近くて静かで、そしてとても小気味の良い山だ。

【コースタイム】
土樽駅(8:35)・・・スノーシューを付ける(8:40~50)・・・早大山荘(9:00)・・・標高1000m圏(11:20~27)・・・荒沢山(12:23~27)・・・竜少年さんと合流(12:33~55)・・・早大山荘(14:35)・・・土樽駅(14:50)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.25

データ流出

ヤフーBBの顧客データ460万人分が外部に流出し、代理店の役員らが現金を脅し取ろうとした事件が世間を揺るがせている。

顧客データの内容がどの程度なのかはわからないが、少なくとも私たちがプロバイダーに入会申し込み時に記入する内容程度は1レコードとして登録されていると見るのが妥当だと思う。
それに加えてメールアドレスおよびメールパスワードも入っているに違いない。

そう考えると本当に恐ろしくなってくる。
データを不正に入手した第三者が盗まれた人になりすましてメールの送受信ができるようになるからだ。それをきっかけにして金銭の略取事件も起きる可能性も否定できない。ヤフーBBの責任はきわめて大きいと言わざるを得ない。

車を運転しながらラジオを聞いていると、ヤフーBBのデータ流出の話題に関連して、闇の世界での「メールアドレスデータ」の取引価格を「解説」していた。面白かったので紹介したい。
まず、ただのメールアドレスだけの場合は1アドレス当たり0.2円だとか。ヤフーの460万人分も単にメールアドレスだけならば0.2円×460万人分=92万円とお安い。
しかし、これに付加価値がつくと値段は一気に上がるらしい。
たとえば、出会い系サイトにアクセスしたメールアドレスだと10倍の2円に、アダルトサイトにアクセスしたことのあるアドレスだと25倍の5円だとか。
同じように、過去に借金をしたことのあるアドレスだとか、病気の履歴のあるアドレスとか、さまざまな「付加価値」によって、プレーンなメールアドレスが何倍、何十倍もの価値で取引されているとのことである。

メールアドレスは個人の大事な情報である。私たち自身不用意に外部に出さないことはもちろんであるが、値段重視ではなく情報管理に信頼性のおけるプロバイダー選びなども今後ますます重要になってくるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.22

春の陽気に誘われて・・・高水三山

2月22日(日)晴れ

前夜、クラブの例会で3時間以上も飲んだ割には早く目覚める。
お天気もよさそうなので予定どおり奥多摩にハイキングへ出かける。
乗った電車がホリデー快速奥多摩号であいにく登山口の軍畑駅には停まらない。ならば、と下山口の御獄駅まで乗車して三山を逆に辿ることにした。

御獄駅を9時にスタート。最初の目的地である惣岳山に向かう。
歩きはじめると鬱蒼とした杉の樹林帯に入る。高度を上げながら植林帯を進むとやがて左手に樹林越しに奥多摩の主脈の山々が顔を見せはじめる。
通常、高水三山を歩く場合、軍畑駅から御獄駅にたどるハイカーが多いためか、誰にも会わずに静かな山歩きが楽しめた。
と、突然道の左脇に大きな動物が横切った。何だろうと目をこらすと、何とカモシカである。角がないので雌か。距離にして約10m位。お互いに見つめ合ったまましばしにらみ合い。(^^;
こんな人里に近い森でカモシカに遭遇するなんて初めてだ。いいことがあればいいなあ。

写真:岩茸石山頂にて

登り着いた惣岳山は樹林に覆われた暗い山頂。青渭(あおすま)神社の立派な社殿が建っていた。
このころからぼちぼちすれ違う早出のハイカーに出会うようになった。今日は夕方から下り坂の予報だったが空は抜けるように青い。が、4月を思わせるようなバカ陽気で暑い。

今年に入って単独行のハイキングは3回目。身体の調子もよくないし同行者に迷惑をかけられないので、こういうときは一人が気楽でいい。

岩茸石山は三山の最高峰だけあって少しばかり登りごたえがあった。とはいえ、惣岳山から40分足らずで山頂へ着いた。何人かの登山者たちがベンチで休憩していた。
ここは北方の展望がよく、黒山、棒ノ折山、有馬山、川乗山といったシブイ山々が顔をみせてくれる。
静かで好ましい雰囲気なのだが、アマチュア無線家が二人いて盛んに交信していた。その声が騒々しく周囲との調和をこわしていた。趣味は趣味で結構であるが、他の登山者にも配慮してくれるとうれしいのだが。

高水三山は高校時代から数えると何回訪れたか知れない。
駅からすぐ歩けて、ミニ縦走の気分を味わえるし道もよい。肩や足を痛めている現在、ちょうどよいトレーニングの場所である。
のんびり歩いて、やがて高水山頂に着いた。ベンチに腰をかけゆっくりと休憩をとる。さらに頂上の肩にある常福院に詣でる。

写真:高水山常福院の本堂

こんな山の中によくも立派な社殿を維持しているものだ。
本堂の庇にある彫り物はいつ観ても見飽きない。手の込んだ芸術作品である。低山とはいえ山の厳しい自然にさらされた境内の建物群…。
4月の第二日曜日に獅子舞のお祭りがあるそうな。

常福院を辞して道は下り一方になる。やがて沢沿いの道になり大きな砂防堰堤が見えてくるとコンクリートの車道に出た。あとは軍畑の駅をめざして車道をノンビリと下った。

御獄駅(9:00)・・・カモシカに遭遇(9:50)・・・惣岳山(10:10~15)・・・岩茸石山(10:47~55)・・・高水山(11:16~35)・・・常福院(11:40~50)・・・軍畑駅(12:40)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.17

IP電話余波

・・・というわけでIP電話に切り替えた。

切り替えたのはいいが、ちょっと困った問題が…。
家の電話から携帯にかけた際、携帯の画面に出る番号は、従来の自宅の電話番号(047-4**-***)ではなく、IP電話に割り当てられた新しい番号(050-3***-****)なのである。

以前から「知らない所からかかってくる電話には絶対にでるんじゃないぞ!」って念押ししてる娘などは、「050」から始まる番号を見て携帯に出ようとしない。(^^;
出会い系サイトや金融関係からの電話と思われたらしい。

これには最初は戸惑った。まさか、自宅電話の番号が表示されないとは夢にも思わなかったので。
しかたなく、家族全員、「050」から始まるIP電話番号も電話帳に登録することにした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.13

IP電話

写真:我が家のIP電話対応ADSLモデム
加入しているプロバイダーのキャンペーンに乗って、IP電話を導入してみた。
なにしろIP電話対応モデムへの乗り換え料金がタダで、しかもIP電話に加入していてもしていなくてもプロバイダーに支払う料金は一緒だというのなら電話代が格安になるIP電話に乗り換えた方が得ということになる。

で、IP電話対応モデムの到着(写真)を待って、さっそくつなぎ替えてみた。
提携プロバイダーのIP電話同士なら電話代は無料なので、親戚知人にかけまくってみたが、まだ誰もIP電話に代えていなかった。
それもそのはずで、かけた相手はどれも中高年。余程の新しもの好きでなければすぐには飛びつかないのは当たり前だ。

ここで、私が加入した@ニフティのIP電話の料金のおさらいをする。
国内通話 :一般加入電話への発信 8円/3分
(一般加入電話⇒@niftyフォン-C 10.8円/3分)
(公衆電話⇒@niftyフォン-C 10円/18.5秒)

国際通話 :地域ごとに異なります
(例:米国 9円/1分)

携帯電話:19円/1分
 *NTTドコモグループ
 *auグループ
 *ボーダフォン
 *ツーカーグループ

なんといっても嬉しいのは携帯電話への料金だ。
寮住まいの子供にかける場合、1分19円ですむのはまことにありがたい。
市外通話も、どんなに遠くへかけても3分8円というのも捨てがたい。

が、しかし!
注意しなければならないのは、 (一般加入電話⇒@niftyフォン-C 10.8円/3分)…だ。
出先から家に電話をかけるとき、市内なら3分8.5円で掛けられたのが10.8円になってしまう。
まあ、しかし全国一律10.8円なら仕方ないか。

それにしてもブロードバンド革命以降、この種のサービスに関する知識の乏しさにはわれながらため息がついてしまう。
もう少し、われら中年世代にもわかりやすい情報提供サイトがないものだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.10

スノーシュー初体験

このところ、私の身のまわりにもスノーシューを体験した人たちが増えてきた。

お正月セールで山用品が割引価格で手にはいるのを機に思い切ってスノーシューなるものを購入してみた。
購入したのはTSL社のTSL225というスノーシューだ。ひょうたん型の愛嬌のある形をしている。登山靴のコバにフックで取り付け、かかと部はバックルで留めるという、とてもメカニカルなシステムでスキーのバインディングというよりもワンタッチアイゼンによく似ている。
その初体験の場は奥日光の刈込湖・切込湖である。

2月8日 晴れ
前夜、竜頭の滝そばにある保養施設で一泊し、8時43分のバスで湯元に向かう。
終点でバスを降りさっそく歩きはじめる。源泉の前を通り金精道路への登りになる手前でスノーシューを装着。スノーシューは登りに弱いと聞いていたのでいくぶん心配していたが、潜らず快適に登ることができ安心する。

金精道路に出てからは小峠までは右手が山側のトラバース状の登りが緩やかにつづく。ワカンではかなり難儀すると思われるほど積雪はたっぷりとあったが、深雪の中を安定した姿勢で進むことができ、その実力に驚いた。

写真:刈込湖の雪原にトレースをつける

さすがに深雪の急斜面が現れると苦しくなるが、どうにか小峠に着く。峠で小休止をとり、いよいよ刈込湖へ向かう。平坦なルートをたどり刈込湖への導標に導かれてからはゆるやかな下りが続く。
突然視界が大きく開けるとそこが刈込湖だった。先行者のトレースはまったくなくどこまでも白い雪原が太郎山方面に続いていた。

凍った湖面に積もったバージンスノーの感触を楽しみながら、ゆっくりと歩く。スノーシューの利点は、かかとで着地しつま先でけり込むといった平地での歩行姿勢にかなり近いスタイルで歩けることである。これはワカンはもちろんのことテレマークスキーでさえも味わえない利点である。

切込湖を過ぎ、陸に上がってからは再び樹林帯の中を進む。火口丘を思わせる緩やかな登りを越えるとカルデラ状の涸沼が現れた。
茫漠たる雪の雪原が広がるばかりの涸沼で行動食をほおばった後は、コンパスと地図に導かれて山王峠をめざす。
地図上で一番傾斜のゆるいルートを探して、自分たちだけのトレースをつけて進む。登りはラッセルがきつかったけど最高の満足感に浸ることができた。
ラッセルといってもワカンにくらべれば苦にならない。なにしろ沈み込みの深さがちがうのだから。

登り着いたのは旧山王峠。
文字も読めないほど朽ち果てたかつての指導標が寂しく立っていた。
峠からは地図読みを繰り返しながら南へ下り、やがてトレースのある正規のルートに合流。光徳が近づくにつれクロカンスキーヤーや同じくスノーシュー愛好者たちと出会う。

牧場近くの林間の雪原で持参した酒粕で甘酒をつくる。しばしの甘酒ブレイクで仲間の笑い声がはじけた。
出発時間がやや遅かったのでバスの時刻に間に合うか心配したがスノーシューのおかげでスピードアップをはかることができた。

中高年になり足腰に衰えが見られ、ハードな雪山はもう無理か?と思うときもあるが、スノーシューのおかげでまた雪山にチャレンジする勇気がでてきた。
使える、そして頼りになるイクイップメントである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.02

ライブカメラ

天神平にあるスキー場のWebカメラは知る人ぞ知る山の重要な情報源だ。
スキー場からの眺望をカメラにおさめて日中3時間おきに配信してくれている。

天神平付近の天候は、ちょうど太平洋側の気候と日本海側の気候の接点になっていて、この地点からのリアルタイムの映像はとても参考になっている。

そんな得難い場所のライブカメラのレイアウトが2月から変わった。
これまでの映像は下の写真である。
2箇所の地点から撮った映像を交互に見せてくれていた。

tanigawa01.jpg

つぎに、下の写真が2月から切り替わった画像である。
画像サイズはVGAサイズ(640×480)と大きくなったが、1地点のみである。
今日はあいにく天候が悪く、背景が写っていないが、以前と同じように谷川岳が写っていてくれればいいと願っている。

tanigawa02.jpg

私が住んでいる場所は千葉県。
このところ、晴れが続いている。
同じような晴天でも、天神平から送られてくる映像は、同じように晴れであったり、曇りであったり、吹雪であったり千差万別でとても興味深い。
また、晴天の周期もおおむね判断できる。

もっとも、谷川岳を境に新潟側と群馬県側とでは全然違う場合が多いので、天神平から見た谷川岳の姿だけで山域全体の気候を判断することはできないけど、登山のいい目安になるのでこれからも見つめ続けていきたい。

ちなみに、URLは、
http://www.starweb.co.jp/minakami/   … です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2004 | Main | March 2004 »