« 日だまりの山 | Main | 東京時間溯行その3 »

2004.01.06

友からの便り

学生時代の親友Kから年賀状が届く

今では年賀状のやりとりしかしなくなってしまったが、大学時代に寮の部屋や寮を出てからはお互いの下宿を行き来して交友を深めていた友からの便りはうれしいものだ。

> 『時々「岳樺」のHPをのぞいている。元気で活躍しているようで何よりだ。』

年賀状の余白にほんの数行書き加えられていたコメントが目にとまる。
お互い卒業後は千葉県と福島県と遠く離れてしまったが、インターネットの世界を介してオンラインで結ばれていることを思うと妙にうれしくなる。
Kは学生時代からのバードウォッチング派。当時は「探鳥会」というサークルで中心的に活動していた。

> 『子供の総合学習の依頼が増えている。半分「仕事」半分「趣味」で楽しい。』

うーん、アイツもバードウォッチングで相変わらず野山を飛び回っているんだなあ。
オレも負けてはいられない。
と、肩肘張ってみても仕方がないけど・・・。

でも、久しぶりに会いたいなあ。

|

« 日だまりの山 | Main | 東京時間溯行その3 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 友からの便り:

« 日だまりの山 | Main | 東京時間溯行その3 »