« 東京時間溯行その2 | Main | 肩痛 »

2003.10.20

歳をとったと感じる時

歳をとったと感じるとき。
駅の階段で隣の若者は2段飛びでスイスイ降りていくのに、オレは一段一段しか降りられない。
そういうとき、「うーん、若い頃は2段飛びなど楽勝だったのに!」と悔しい思いになってくる。

|

« 東京時間溯行その2 | Main | 肩痛 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 歳をとったと感じる時:

« 東京時間溯行その2 | Main | 肩痛 »