« 石山寺 | Main | ストレッチ »

2003.09.29

三ツ峠にて

久しぶりに三ツ峠を訪れた。

秋のさわやかな好天を期待していたが、あいにく前夜にかなりの降雨があり岩場は濡れていた。おまけに終日ガスがまとわりついていて岩の乾きが悪かった。
ここは初心者から上級者までがひろく楽しめる好エリアである。そんな中、思わぬ出来事にぶつかった。

1ピッチ目をリードして第一バンドに到着したときのこと。確保点に着いてセルフビレーを取ろうとした時、傍らの登山者から心細げな声をかけられた。「あのー、ボクはどうしたらいいのですか?」
見ると、トップロープで上がってきたものの、他には彼の仲間は誰もいず、次の動作をどうしていいのかわからないらしい。
で、「あなたは何をしたいのですか?」と尋ねても要領を得なかったので、とりあえず「まずはセルフビレーしてください。私も今上がってきたばかりなので、こちらのこと(支点づくり)を済ませたら見てあげます」と言ってフォローのMさんを迎える準備をし終えて、再度彼を振り返って見て驚いた。セルフビレー用のスリングはおろかカラビナ1枚も持っていない丸腰状態で登ってきたからだ。

一瞬こちらもどうしていいかわからず困ったが、まずはそのまま降りてもらった方が安全と考え、「下の人に声をかけてそのままテンション状態で確保してもらって降りてください。ザイルが余っているみたいなので張ってもらってください」とアドバイスした。
下の人とやりとりしていたようだが、そのうちに要領を得ないことに苛立って?下からリーダーらしき人が別のロープで上がってきた。

リーダー曰く「自分のロープをカラビナから外して先端を下に降ろさなきゃ次の人間が上がれないだろうに。そのくらいのことわかれよ。」って注意していた。
セルビレーも知らない岩場初体験の初心者を最初に登らせておいて、それはないぜ!
しばらく様子を眺めていたら、続々と登ってきたその5人パーティーは全員セルフビレーを取っていなかった。確かに
第一バンドは広いが、雨の後で滑りやすくとても危険な光景だった。

三ツ峠はスケールも大きいし好ゲレンデではあるが、残置の支点も古いものが多く、岩登りの基本をしっかりマスターしていない人にとっては危険がいっぱいのエリアだと思う。

岩登りを始める時の指導者の善し悪しで、岩登りが楽しくなったり怖くなったりする。大げさに言えばその人の人生にも影響することを考えるとちょっとこわい話である。

|

« 石山寺 | Main | ストレッチ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 三ツ峠にて:

« 石山寺 | Main | ストレッチ »