ヒトリシズカ(一人静)

撮影場所:奥多摩・高尾 坪山にて

撮影日:2021年4月 9日

ヒトリシズカというと一つだけポツンと咲くようなイメージがあるけど、実際にはこの写真のように群れて咲くことが多いようです。
名前のは、茎に一本だけ出る花穂を、源義経の愛妾の静御前が一人で舞う姿に見立てたものだとか。
「一人」は一つだけ出る花穂を、「静」は静御前を指すのだそうです。
名前の由来を知るとロマンチックに感じるし、実際とても美しい花です。