センブリ(千振)

撮影場所:南高尾山稜にて

撮影日:2019年11月 2日

薬草としても有名ですが、アケボノソウを思い浮かべるようにとても美しい秋の花です。
名前の由来は、千回振り出し(煎じ)ても、まだ苦いというたとえからだそうです。
秋が深まりつつある頃から咲き始めますが、小さな花なので見逃すこともたまにあります。