2020.02.16

秋山二十六夜山~倉岳山~高畑山を歩く

当初は上越方面の雪山に出かける予定でしたが、なんとなく準備が整わなくて断念。
その代わり手軽に計画の立てられるエリアの山をあれこれ考えているうちに、まだ訪れたことのない秋山の二十六夜山が候補に上がりました。

この山だけでは少し物足りないのでお隣にある倉岳山、高畑山とセットで歩くことにしました。
でもよく見ると二十六夜山から倉岳山まではいったん秋山川沿いのバス道路に下りなければならず、中高年にはきついかなあ?と思いつつ歩いてみたら、やっぱりきつかったです。(笑)

 山名の由来になった二十六夜塔

Cimg9946_r

二十六夜山は道志山塊にもあるので、秋山川沿いにあるこちらの山は秋山二十六夜山って呼んでいます。
公共交通機関で行くには結構たいへんで上野原駅から出る一日2本(しかも午前中は1本のみ)のバスしかありません。

マイクロバスって言った方が正解の小さな路線バスに揺られて、初めて秋山川沿いのエリアを訪れました。
道志川沿いの山々には何度か登っているけど、秋山川沿いの山に登るのは初めてなので期待が高まります。

 静かな山頂は好ましい雰囲気に満ちています

Cimg9947_r

思っていたとおり秋山二十六夜山は静かで好ましい感じの山でした。
ハイカーにもほとんど出会うことなく静かな山歩きを楽しむことができました。
ただコースを通じて展望がほとんどないのが残念です。
浜沢の集落に下山する途中で南アルプスの北岳、間ノ岳が見える場所があったけど、それ以外は展望に恵まれません。

 ちょっとだけでも見えるとうれしいです

Cimg9953_r

いったん秋山川に下り立ち、ふたたび立野峠をめざして登り返します。
荒れた沢沿いの道は疲れた体に優しくないです。
昨年秋の台風による倒木も随所にあって、跨いでいくか潜っていくか判断に迷います。いずれにしても意外に体力を使いました。

 またぐか潜るか悩む倒木

Cimg9963_r

 堂々と倒れてました

Cimg9965_r

ようやくたどり着いた立野峠から先はメジャーなルートなので行きかう登山者も多く道もしっかりしていました。
やがて本日2番目の山頂である倉岳山に到着。
ここで富士山とご対面。

Cimg9969_r

曇り空だったので展望は期待していなかっただけに大きくて真っ白な富士山に会えてうれしかった。
さすがは秀麗富嶽十二景の9番山頂だけあります。

 天神山からは北都留三山の山並みが眺められました

Cimg9972_r

でも富士山展望はこのあと向かった高畑山の方が少しだけ良かったです。
高畑山も十二景の一座だけあって均整のとれた富士山を眺めることができました。

 高畑山からの秀麗富嶽

Cimg9976_r

あとは鳥沢駅まで下るだけ。
ここにきて二十六夜山から立野峠までの登り下りがボディブローのように重く効いてきて太ももや膝に違和感が出てしまいました。
重たい足をひきずってようやく甲州街道に出て駅をめざしました。

いやあ、今回は北に向かって失敗でした。歳には勝てません。
南の赤鞍ヶ岳方面に向かうコースはどうなんだろう。次回はそっち方面を検討するとしますか。

くわしい山の記録はこちら

| | Comments (1)

2020.02.08

をくずれ水仙郷ツーリング

Cimg9898s

水仙の咲く時期に鋸南町の「をくずれ水仙郷」を訪ねるのはほぼ年中行事になっているんだけど、今年はなかなか行く機会が得られなくて半ばあきらめていました。

Cimg9912s

もう水仙のピークは過ぎたかと思いきや、をくずれ水仙郷ではまだたっぷりと咲いていてくれました。
というか今年は例年に比べてかなり遅い開花だったようです。

Cimg9906s

この暖冬で頼朝桜(河津桜)の開花が早まり、遅咲きの水仙に追いついちゃって、ふだんなかなか見ることのできない水仙と頼朝桜と菜の花の華麗なコラボが楽しめました。ラッキー!

Cimg9915s

とはいえ、今日は大変だった。
ラグビートップリーグの後半戦の試合チケット売り出しが朝の10時から始まるので、ペダルを回しながらも心は売り出し開始時間の方に。
運の悪いことにちょうどかずさアカデミアパーク付近の坂道を上っている時に運命の午前10時を迎えました。
10時2分。仕方なく自転車を降りてスマホをチェックしたらアクセスが殺到してサイトにつながらない!
ヤバイ!
と思ってもぜんぜん繋がらないのでふたたび自転車に乗って坂の頂上まで行きふたたびトライします。

 水仙畑の向こうには富山の姿が・・

Cimg9904s

お、つながった!
さっそく4月18日の神戸製鋼vsNTTコムの試合を申し込むと・・・
「予定枚数終了」の非情な文字が・・。
え、まだ10時10分なんですけど。(涙)
わずか10分足らずでチケット売り切れのショックで急にペダルを回す脚が重たくなりました。
くそ!
にわかの連中にやられた。
やっぱり今日は外出しないで家のPCの前でスタンバイすべきでした。

 をくずれ水仙郷の入口です。すでに甘い香りがいっぱい

Cimg9890s

気分最悪の中を南に向かってペダルを回します。
習志野市、千葉市、市原市、袖ケ浦市、木更津市、君津市、鋸南町と6市1町を経て「をくずれ水仙郷」に着きました。
大崩のバス停に近づくと甘い香りがたちこめてきて何ともいえないハッピーな気分になるから不思議です。
先ほどまでのブルーな気分がすっかり解消できました。

Cimg9927s
Cimg9930s

頼朝桜の方は開花のニュースは知ってたけど、こんなにたくさん開花しているとは思わなかった。
佐久間ダム周辺で五分咲きってとこかな。
十分に見ごたえがあるし、水仙や菜の花も咲いているのでとっても華やかです。

Cimg9920s

今日はお天気も良いし、やっぱり訪れて良かったなあ。
これでチケットが取れていれば最高だったんだけど。(笑)

 保田海岸から浮島方面を望む

Cimg9934s

DATA
-------------------------
DATE : 2020.2.8
距離 : 102.53 km
累積標高 : 895 m
移動時間 : 4:45:53
経過時間 : 6:12:18
平均速度 : 16.5 km/h
平均移動速度 : 21.5 km/h

| | Comments (0)

2020.02.02

毛無山に登ってきました

Cimg9856_r

だいぶ以前のことですが、「山と渓谷」誌だったか、カラーグラビアで御坂山塊にある毛無山から写した富士山の写真が紹介されていてその雄大な景観に思わず見惚れてしまいました。
いつか機会をとらえて訪れてみたいと思っていたところ、快晴の予報が出たので出撃。

 遮るもののない富士山の大展望に歓声が上がります

Cimg9848_r

予報どおりの快晴の中を歩き、富士山展望台に着いて後ろを振り返ると「おおー!」雑誌のグラビア写真どおりのでっかい富士山にご対面できました。

 パラグライダーが気持ちよさそうでした(山頂より)

Cimg9862_r

それまで樹林帯の中を黙々と登り続け、枝が邪魔をして満足に見ることができなかったので、何も遮るもののない空間にすっきりとした富士山を眼前に望むことができて大満足です。

 毛無山の山頂にて(山梨百名山です)

Cimg9857_r

ここから見る富士山は、眼下に広がる山麓の風景が秀逸ですね。
一面にひろがる畑や牧場、それに森の織りなす濃淡のある緑がパッチワークのように広がっていてとてもきれいです。

 南アルプス南部の山々も美しかった

Cimg9869_r

そして圧巻は大沢崩れの迫力ある景観です。
山頂から一気に落ちる大沢崩れの荒々しい岩肌。富士山の最も厳しい一面を垣間見ることができました。

 毛無山頂からは大沢崩れが真正面に望めます

Cimg9865_r

今回は出発時間が遅いので雨ヶ岳までの縦走はまたの機会に譲りますが、長年の宿題の山がひとつクリアできたので先ずは良しとしましょう。

 八ヶ岳連峰もすっかり白くなっていました

Cimg9874_r

くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

2020.01.26

久しぶりのご近所サイクリング

昨日は夕方に用事が入っていたので、お山はあきらめてサイクリングにしました。
今年に入ってたぶん初のサイクリングです。

今回は、自宅を出て千葉市、八街市、富里市。酒々井町、佐倉市、八千代市などをめぐって自宅に帰ってくる約100kmのコースです。
まずは千葉方面に走っていき、泉自然公園に向かいました。

公園の一角に着いてびっくり!
園内の杉林が無残にも幹の途中からへし折られています。
それも1本や2本ではありませんよ。

 杉の木が幹の途中からへし折られていました。

Cimg9823s

こんな光景を見るのは中房総の高宕山以来だなあ。
あそこは根元から倒れていたけど、こちらは根っこが地中深くまで達していたらしく根こそぎ状態ではありません。
でもこっちの方が衝撃が強いです。
なにしろ幹の途中から折れているんだから。
台風15号、19号恐るべしです。
公園内の完全復旧には相当な時間がかかるだろうな。
というわけで公園内には立ち寄らずにスルー。

 復旧には時間がかかりそうですね

Cimg9822s

次の目的地である八街に向かいます。
八街は自転車乗り泣かせの町です。
3差路、5差路、6差路なんかもあってとにかく渋滞だらけ。
おまけに道路幅も狭く走っていて怖いです。
予想どおり今日も渋滞と車の接近に泣かされました。

それでも八街を目指すお目当ては平林のだんごです。
創業明治30年の老舗で、こっち方面に来た際はかならず寄らせてもらってます。
久しぶりにもかかわらずおかみさんは覚えていてくれて会話も弾みます。

 激安の平林のだんご

Img_20200125_111959s

お昼前なのでお団子2本を頼んだら熱いお茶がついてきて、これで108円!
ウソでしょ?って感じです。
今どき108円でお茶のお代わりまでいただけます?

これでお腹も満足したので、いよいよ高崎川から鹿島川にかけての田園地帯に向かいます。
今日は高崎川の最上流から鹿島川が印旛沼に合流する付近までたどる予定です。

途中、若い頃に手掛けたほ場の区画整理区域を通りました。
田んぼや畑の区画整理を行ったり農道の舗装や排水路の護岸工事なんかもやったりしてたのが20歳から30歳代にかけてのこと。
30数年ぶりに通ったけど耕作放棄地もなく美しい田んぼのまま保たれているのを見てホッとしました。
農道もその後に舗装されたらしく、自転車乗りにとっても優しい道になってます。

 30数年ぶりに訪れた区画整理事業の現場

Cimg9826s

鹿島川の下流に出たら佐倉です。
ここでランチをと思ったけど、知っているお店はどこも行列ができていて時間がかかりそう。
で、外から見て行列のないお店に入ったところ、店の中で行列ができていた。(泣)
おばあさんがお茶を運んできてくれたので、帰るわけにもいかずに列に並びました。

 お店の中に行列があった(笑)

Img_20200125_124615s

やっと順番がきて頼んだ品が「けんちんそば」です。
ここのけんちんそばは具沢山で好きです。(蕎麦は機械打ちでよろしくない。)
熱々のお蕎麦をいただいて帰路につきました。

 熱々のけんちんそば

Img_20200125_131411s

DATA
-------------------------
DATE : 2020.1.25
距離 : 103.60 km
累積標高 : 328 m
移動時間 : 4:39:31
経過時間 : 6:17:29
平均速度 : 16.5 km/h
平均移動速度 : 22.2 km/h

| | Comments (0)

2020.01.22

鍋割山と寄のロウバイまつり

Cimg9819_r

「蝋梅が本当にきれいでしたよー。」
山友ヨーコさんから寄(やどりぎ)のロウバイまつりの情報をいただいたので、私も見に行くことにしました。
松田町の寄地区は初めての訪問です。

 小丸尾根上部から雪の大山と三ノ塔を眺める

Cimg9766_r

どうせ行くなら近くの山とセットで訪れた方が満足度が上がるだろうなと思いさっそく計画を立ててみます。
寄だったらシダンゴ山か鍋割山かなー。
シダンゴ山だと少し歩き足りないので鍋割山に決定。
鍋割山なら久しぶりに小丸尾根を登路に使う計画にしました。

 鍋割山と富士山

Cimg9783_r

小丸尾根は以前は「訓練所尾根」って呼んでいましたが、もう40年以上も前に登ったきりです。
今日は平日ということもあり小丸尾根ではたった一人しか出会いませんでした。
静かな山歩きができてゴキゲンです。

 鍋割山稜からの南アルプス南部の山々

Cimg9775_r

一方、下山路に使った寄までの尾根道は後沢乗越から先が初トレースになります。
こちらも誰も歩いていなくて静寂な雰囲気を独り占めできました。
表丹沢も土日を避けてルートを選べばまだまだ静かな山歩きができるということなんですね。

 プチ雪山ハイキングも楽しいです

Cimg9784_r

鍋割山稜ではプチ雪山ハイキングを楽しめました。
稜線から眺める富士山は、たっぷりの雪をまとった姿が圧巻でした。
チェーンスパイクが雪面によく効いて歩きやすかった。

 やっぱり富士山は最高にきれい

Cimg9778_r

そして、今回のコースのフィナーレを飾るスポットが寄の蝋梅園です。
いま、ロウバイまつりが開催されていますが、その数2万本という蝋梅がいっせいに開花している様は見事でした。
青空に黄色の花がよく映えます。

Cimg9805_r
Cimg9818_r

今回は鍋割山で名物の鍋焼きうどんは食べなかったけど、雪の富士山と鍋焼きうどんとロウバイの花見の3点セットが楽しめるこのコースはおススメです。

Cimg9811_r

くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

2020.01.12

御坂黒岳から新道峠へ ~富士山の展望ハイキング~

Cimg9702_r

河口湖の北側にそびえる三ッ峠にはハイキングだけでなく屏風岩でのクライミングも入れたら10回以上は訪れているのに、そのすぐ隣に位置する黒岳は意外にも今回初めての訪問です。

 南アルプス南部の高峰群もそろい踏み

Cimg9703_r

三ッ峠の山頂から眺めると、どっしりと重厚な感じがとても魅力的に感じます。
いつかは訪れてみたいと思っていた山なのでお天気に恵まれた日に歩くことができて本当に良かったです。

 甲斐駒ヶ岳と鳳凰三山の地蔵岳も・・

Cimg9710_r

今回のルートは、旧御坂峠から黒岳をめざし、破風山を経て新道峠から大石集落に下山する約10kmのコースです。
河口湖駅から乗ったバスを三ッ峠入口BSで下り立ち、旧御坂峠方面に向かったのは私だけ。

 御坂山塊は歩き甲斐のある山脈です

Cimg9718_r

黒岳山頂では何人かの登山者が休んでいましたが、黒岳山頂から破風山、新道峠を経て河口湖畔に下山するまでたった一人にしか出会わない、とても静かなハイキングを楽しむことができました。

 富士山はそれこそ至近距離

Cimg9706_r

気になる雪は、黒岳の山頂付近に少し残っていた程度。
降ってから日にちが経っていたせいかアイスバーン化していました。
こういう時に頼りになるのがチェーンスパイクです。
着脱も容易なので、今回のように積雪が断続的に現れる場所では頼れるアイテムでした。

 静かな雰囲気の黒岳山頂

Cimg9700_r

黒岳登頂で45座目の山梨百名山となります。
特に百座完登を目標にしているわけではありませんが、一座増えるたびになんとなくうれしい気分になるのは不思議なものです。

 新道峠近くの展望台でセルフ撮り

Cimg9732_r

くわしい山の記録はこちら


| | Comments (0)

2020.01.06

登り初めは景信山から高尾山

Cimg9654_r

明けましておめでとうございます。
今年も山歩き&サイクリングを歳相応に楽しもうと思っておりますのでどうかよろしくお願い申し上げます。

Cimg9662_r

さて、暮れの12月24日に突然背中の痛みに襲われて、年末年始の休み期間中はほとんど家の中で過ごす羽目になってしまい最悪の正月休暇となりました。
ホントは年内にあと1回の山歩きとサイクリングを予定していたのにくやしかったです。

 三ッ峠から本社ヶ丸にかけての山並み

Cimg9669_r

1月3日あたりからやっと痛みが引いてきたので、休暇の最終日である5日に新年登り初めに出かけてきました。
そういう状態だったので目的地は体にやさしい高尾山に決定。
高尾山だけだとさすがに人混みの中を歩くだけになっちゃうので、小仏から景信山を登り城山を経て高尾山までのコースをチョイス。

 江の島、三浦半島、房総半島までくっきり

Cimg9647_r

軽い荷物で体に負荷がかからないようにしながら10kmほどのハイキングコースを歩いてきました。
人出が多いのは覚悟の上でしたが、それでもやっぱり多かったなー。

Cimg9651_r

昨日は絶好のハイキング日和で、富士山は終日真っ白な美しい姿を見せ続けてくれました。
登りも下りも緩やかで、おまけに富士山をはじめ丹沢や同志の山々を眺めながらのトレイルが続くのですから人出が多いのも当然ですよね。

 一番高く見える山は蛭ヶ岳です

Cimg9643_r

家からも比較的近いしお財布にもやさしい高尾山。(経路を選べば最安運賃は片道990円!)
たぶん今年も何回か通わせてもらうことになりそうです。

 富士山の手前の山並みは同志山塊

Cimg9650_r

くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

2019.12.26

正月飾りを初めて作りました

毎週木曜日に受講している千葉シニア自然大学の講座で正月飾り作りを初めて体験しました。
いやー、初めて縄をなうところからやってみたけど、難しいですね。

 はじめての経験は楽しいものです

Img_20191226_111009rs

午前中は鳥居飾りでの正月飾りを、午後からは本格的に縄をなうところから始める輪飾りづくりに挑戦しました。

普段使いの縄は右巻きになうので右利きの人もやりやすいらしいんだけど、正月用の縄は左巻きになうので右利きだと慣れるまで難しく、とても器用に縄をなうところまではいきませんでした。

 お手本が飾られていますが、なかなか・・

Img_20191226_115126s

鳥居飾りはワラを折り返して作っていくのでなんとかなったけど、午後からの輪飾りは縄づくりからなので難しかったなあ。
時代劇映画などで農民が土間であぐらをかいて縄をなう場面が出てくるけど、まさにあの感じで作ってみました。

 鳥居飾りの土台部分の完成

Img_20191226_111001s

受講生は私を含めて大半が60~70歳代。
親の世代が実際に縄づくりをやっていたのを見て育っているので、さすがにそういう人たちは上手です。
あいにく私の両親は都会に住んでいたのでそういう経験がなく、したがって私は下手でした。(笑)

 鳥居飾りの完成版です。やったぜ!ふー

Img_20191226_114559s

来年1月にはいよいよ登山学習で房総の名山、富山に登る予定でしたが、例の台風15号による倒木被害が深刻な状態のため中止となりました。
残念ですがしばらくは房総の山歩きは一部を除いて難しいでしょうね。

千葉シニア自然大学の受講風景はこちら

| | Comments (0)

2019.12.15

中房総・高宕山 ~想像以上の台風被害に驚く~

Cimg9559s

昔からの山仲間と3人で忘年ハイキングに出かけました。
夕方からの懇親会に合わせて、朝遅い出発でも楽しめる近場の中房総・高宕山を選びました。

 石射太郎山から眺める高宕山

Cimg9558s

千葉県内の低山はこの秋に襲来した台風や大雨による甚大な被害でひどいことになっているようです。
ニュースでは知っていたのですが、実際に歩いてみたのは今回が初めてです。

 山頂下に建てられた観音堂からの展望

Cimg9577s

高宕山は山頂直下に有名な観音堂が置かれていることもあってか、メインの石射太郎山からの登山道は復旧されていて安全に歩けましたが、下山に使った高宕大滝コースはかなり荒れていました。

 強風で表土ごとめくれ上がった状況

Cimg9606s

チェーンソーによる倒木の伐採や土砂崩落地点ではロープが新たに設置されていたりして地元の方々やボランティアの方々の懸命な努力が伝わってきますが、それでもかなり大規模に崩壊しているので慎重に通過する必要があります。
高尾山あたりなら間違いなく通行禁止になるレベルの危険度だと感じました。

 林道はかなりひどい状況でした

Cimg9614s

 これでは復旧の目途も立たない?
Cimg9615s

房総の山々はこれからスイセンや早咲きサクラの季節を迎えるのに本当に残念です。
登山道の復旧は地元の方々やボランティアの方々に頼るケースがほとんどだと思います。私たち登山者はその恩恵を受ける身。

Cimg9617s

そこで、自分でもできる支援として、高宕山の隣にある鋸山登山道の復興プロジェクト(クラウドファンディング)にささやかな募金をしました。
房総の山々の一日も早い復旧復興を願ってやみません。

Cimg9622s
Cimg9628s

くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

2019.12.05

紅葉になんとか間に合った!奥久慈男体山

Cimg9437_r

奥久慈男体山のことを意識するようになったのは、5年ほど前のことです。

自宅から袋田の滝までの約160kmを自転車で走って、袋田駅から輪行で帰るときに駅のホームに山帰りらしい登山者が立っていました。

Cimg9461_r

こんな田舎の駅(失礼!)に登山者がいるのが珍しく、どこの山に登られたんですかって聞いてみたら「奥久慈男体山から縦走してきました。」との返事が返ってきたのです。

Cimg9510_r

ふーん、そんな山があるのかあ。
ということでさっそく帰宅して調べてみたら、なるほど茨城県では有名な山だということがわかりました。

Cimg9483_r

それから5年後。
今年こそはと思いつつ計画を立てたのですがお天気に恵まれなくて二度ほど中止が続き、今回ようやく登ってくることができました。

 ヤブムラサキの実

Cimg9532_r

健脚コースから登って一般コースに下山する周回ルートが一般的なようですが、もう少し歩きたいなということで選んだルートが今回歩いてきたコースです。

Cimg9471_r

コンパクトにまとめられていて、この山と山麓の持つ魅力が網羅されている変化に富んだコースでした。
スリルに富んだ岩場も回避されているので安心して歩けます。

山頂からは南に筑波山、西から北西にかけて日光表連峰、高原山、男鹿山塊、那須連峰といった山々が眺められます。
それよりも北常陸の丘陵地帯の山襞が眼下に広がる様が圧巻でした。

Cimg9485_r

下山は月居山方面に向かい、途中から男体山神社方面に下っていきます。
下る道沿いの紅葉は見事で、何度も足を止めて見入りました。

Cimg9522_r

さすがに紅葉は終わっているんじゃないかなー、って悲観的に予想していたので終盤とはいえ赤や黄色に色づいた樹々に出会えて本当にうれしかったです。

Cimg9528_r

ただ一つ残念だったことは、登山口の入口にある大円地山荘(常陸蕎麦の名店)がお休みだったことです。
月曜日定休って聞いていたのですが火曜日もお休みだったとは残念でした。
せっかく新蕎麦をいただけるチャンスだったのに・・・。

Cimg9503_r

次回は、櫛ヶ峯から鷹巣岩にかけての稜線歩きのご褒美に大円地山荘でのお蕎麦を食す機会をなんとか作りたいと思っています。

くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

«志駒もみじロードサイクリング with CBCC