2021.09.20

好天に誘われて水元公園ライド

今日は朝からいいお天気。

昨日はお墓参りで首都高から中央道を走ろうとしたら「高井戸~上野原60km渋滞」の表示を見てあわてて高井戸ICから下道に下りた。


Img202109200928412s

というわけで、連休中の車での遠出は懲り懲り。山歩きも混雑していそうでパス。

じゃあ、というわけで水元公園まで自転車で行ってきた。


Img20210920111848s

自宅から水元公園までは裏道伝いに行けば比較的車の通りも回避できる。ましてや今日は祝日なのでトラックの通行も少ないので走りやすいよね。

江戸川沿いのサイクリングロードからはスカイツリーの左手に富士山も顔を見せている。

途中、帝釈天の門前で吉野家さんの草だんごをお土産に買ってから水元公園へGO!


16321045017912s

今日の公園はさわやかな晴天に誘われてテント持参の家族連れで賑わっていた。

こういう場所なら密も避けられるし子供たちも伸び伸び遊べるのでいいね。

ヒガンバナは今が見頃でとても美しかった。


16321045013211s

DATA
-------------------------
DATE : 2021.9.20
距離 : 59.35 km
累積標高 : 141 m
移動時間 : 3:06:50
経過時間 : 4:25:06
平均速度 : 13.5 km/h
平均移動速度 : 19.1 km/h

| | Comments (0)

2021.09.08

市原・米沢の森を歩く

朝起きたらまあまあの天気だったので、短時間で楽しめる米沢の森を歩いてきた。


P9070050_r

この森はボランティアの皆さんが精力的に維持活動されていて、開発が中止となり荒廃してしまった森を自然豊かな森に見事に再生したエリアだ。


P9070007_r

標高は低いものの、森の中には江戸時代に建てられた石仏などがひっそりと佇んでいて歩いていても興味は尽きない。


P9070016_r

まだ夏なのでトレイルの草丈も伸びてるかな?とおっかなびっくりで訪れたものの、定期的に手入れがなされているようで気持ちよく歩くことができた。
整備をしてくれている皆さま、本当にありがとうございます。


P9070012_r

とはいえ、まだ訪れる人は少ないせいか、くもの巣がいっぱいあって油断していると顔に張り付くのでストックでの露払いは必須だ。
帰宅してストックに触ったら蜘蛛の糸がたくさん絡みついていた。


P9070070_r

お花はもう少し種類があるかなと思ったんだけど、夏から秋への端境期なのかそれほど多くはなかった。
ガンクビソウやツルボなど初見の花もあったけどちょっと残念だった。


ウォーキングのくわしい記録はこちら

| | Comments (0)

2021.08.29

酷暑の鋸山で猫とハートに癒される

登山関係のSNSで「猫丁場」のことを知った。

P8270035_r

天気予報からもこの日の暑さは半端ないとわかっていたんだけど、鋸山の猫ちゃんをどうしても見たくて大汗かいて行ってきた。

P8270029_r

猫丁場という名前の付いた房州石の石切り場跡にその猫はいた。

赤い手鞠と赤い首輪がとても印象的だった。
誰がいつ彫ったんだろう。
つらい作業の手慰みで彫ったのだろうか。

P8270023_r

名もなき人の素朴な彫り物だけど、妙に引き込まれる猫だニャー。

P8270026_r

くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

2021.08.22

八良塚と高宕山(監視所コースを歩く)

当初は奥多摩に出かける予定で準備してたんだけど、コロナ感染が急拡大して電車を使っての県またぎの移動はちょっとなあ、てことになり急きょ予定を変更して自家用車で県内の山を歩くことにした。


P8210053_r

ワクチンも2回接種したし、山歩き自体は感染リスクはきわめて少ないんだけど、この時期に公共交通機関を使っての移動はやはりためらってしまう。


P8210065_r

でも家に引きこもっていると脚力がどんどん落ちるので、山には行きたい。
まあ、そんな妥協の産物が房総の高宕山ってことかな。


高尾山や奥多摩の山とちがって房総の低山はお花が少ないけど、それでも一所懸命咲いている小さなお花たちを眺めることができて良かった。


P8210024_r

しばらくは車を使っての山歩きにするしかないかなあ。


くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

2021.08.07

高原山(鶏頂山・釈迦ヶ岳)と笹平湿地散策


東北自動車道を北に向い、宇都宮を過ぎると日光連山にかわって現れるのが高原山です。
火山らしい広大な裾野をもつなかなか立派な山だけど、なぜかこれまで登る機会に恵まれなかった。


Img20210805074240s

日光連山と那須連峰にはさまれた位置にあるので、展望は良いよね。と思い登ってみたものの、夏の水蒸気ムンムンの空気が支配していて山頂からの展望はNo Goodでした。
しかも、鶏頂山への急な登りと稜線上のアップダウンも半端じゃないし、年寄りにはこたえる山です。


P8050017_r

それならばせめてお花ぐらいは咲いているだろうと期待したものの、これまたサッパリのお山でした。
これほど花影の薄い山も珍しい。(笑)


P8050023_r

この山を訪れるなら、春のツツジの時期か秋の紅葉なんでしょうね。
紅葉はかなり期待できそうです。
その意味で訪れる季節を完全に間違えてしまいました。


P8060096s

でも、これで終わったんじゃ悔しくて帰れないので、翌日に同じ栃木県北部にある笹平湿地を訪れました。
ここは以前から一度は訪れてみたかった場所です。


Img20210806093334s

たしかこの時期はサギソウが見頃のはず・・・。
『いいもの見せてあげるから騙されたと思ってついてきなよ。』と誘った奥さんもサギソウを見て感激していました。


P8060072s

自然の造形美とはまさにこの花のことを言うのでしょうね。
サギソウは栽培が比較的容易なせいか鉢植えでよく見かけるけど、やはり自生しているものは格別ですね。
とても生き生きとしています。
将来にわたっていつまでも大切に守っていきたいお花です。


くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

2021.08.01

暑さでバテバテの高宕山


『高宕山の周辺でヒナノシャクジョウが見頃ですよ。』と君津市のムツゴロウさんからメールをいただいたので、見つかるかどうかわからなかったけど、とりあえず行ってみました。


この花は、千葉県では絶滅危惧I類に指定されているそうで、咲いている場所は公言禁止ということなので、私もヒントしか与えてもらえませんでした。


Atakago05

たぶん、この辺りかなあ??
と目星をつけて探してみたのですが、ぜんぜん見つかりません。
やっぱり甘かったか。とあきらめかけた時、足元にそっと咲いていました。
いやいや、花の直径10mm程度で、しかも枯葉に隠れているのですぐに見つかるワケないよ。


でも、ひとつ見つかると、目が慣れてきてその周辺で次々に見つかりました。
その数全部で10株くらい?


Hinanosyakujou13

ヒナノシャクジョウはギンリョウソウと同じく腐生植物の仲間で、葉緑素をもたないため光合成を行わず、そのかわりに有機物を吸収して生活する植物です。
だからその姿も真っ白け。


ヒナノシャクジョウ(雛の錫杖)のそばにはもっと希少なホンゴウソウ(本郷草)が咲いているそうです。
こちらも10mm程度のとても小さな花。
目を皿のようにして探しましたが見つかりませんでした。
残念!


Atakago07

標高300mの低山なので暑さはハンパないし、再度探しにくる気分にはどうしてもなれないなあ。


それにしても暑かった。標高差も小さく距離も歩いてないのに汗だくのバテバテでした。
この時期の房総の山は過酷です。


くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

2021.07.22

連日暑いですねー


サイクリングクラブの仲間がSNSに佐倉ふるさと広場のヒマワリの画像を投稿してくれたので、遅ればせながら行ってきました。

まさに、「遅ればせながら」でした。(笑)
見頃はだいぶ前だったようで、大半のヒマワリは終わってました。


Img20210722103025s

それにしても梅雨が明けてからの暑さは半端ないですねー。

今日から4連休だけど感染拡大が止まらないし、行楽地は山も含めて一杯だろうからリタイア組は大人しくしているに限ります。


家からサクッと行かれる場所に自転車で訪れる程度で我慢するのが大人の慎みというもの。


今日は久しぶりのサイクリングで疲れました。
シャワーを浴びたら枝豆にビールだなあ。


DATA
-------------------------
DATE : 2021.7.22
距離 : 66.98 km
累積標高 : 111 m
移動時間 : 2:56:15
経過時間 : 3:37:54
平均速度 : 18.4 km/h
平均移動速度 : 22.8 km/h


 

| | Comments (0)

2021.07.17

蓮と岩煙草に会いに高尾山へ

 

駒木野庭園のハスが見頃を迎えたとのことなので、蛇滝のイワタバコ鑑賞とあわせて高尾山周辺を歩いてきました。

Imgp0273_r

今日は暑くなるなー、って覚悟してたけど・・・。

 

高尾梅郷遊歩道、蛇滝コース、日影沢と木陰が期待できるルートをつないだおかげで強烈な暑さを感じることなく花めぐりのハイキングを楽しめました。

Imgp0326_r

蛇滝まで続く高尾梅郷遊歩道は、3月に訪れた時も歩いたけど、野草がたくさん咲いていて楽しい道ですね。

こんな道が我が家の近くにもあればいいなあ。

 

 高尾山頂にある五輪のモニュメントだけど、場にそぐわないな。

Imgp0345_r

 

くわしい山の記録はこちら

 

| | Comments (0)

2021.07.06

大草谷津田いきものの里に行ってきた


シニア自然大学の講座で千葉市郊外にある谷津田の自然観察に行ってきました。


千葉県の北総地域には谷津田地形がたくさん残っているけど、周辺の開発や農業後継者不足などによる耕作放棄が進み、昔ながらの風景をとどめる場所はめっきり少なくなっています。
特に大都市近郊の谷津田はその傾向が顕著です。


Img20210707135025s

そんな中にあって、大草谷津田いきものの里は、地元や土地所有者の方々の協力を得て昔ながらの農業の営みとともに育まれてきた谷津田の自然の多様な生態系や自然的景観がいまなお保たれている貴重なエリアです。


私もはじめて訪れたけど、ここが政令指定都市の中?って思うほどの見事な里地里山空間が保たれていることに驚きました。


Img20210707141920s

ここのすごいところは、耕作放棄された結果、水田が草原化しさらにはハンノキが生えて林地化していく遷移の様子が見られることでしょうか。


ボランティア団体も3グループあって、それぞれが得意の分野で里山の保全活動を行っているそうです。


 チーバくんをかたどった稲かぶ
Img20210707144121s

春先にはスプリングエフェメラルの姿も見られるんじゃないかな。
時々自転車で出かけてみるとするか。

| | Comments (0)

2021.07.02

【秋田の山旅3日目】森吉山でハッピーバースデー

 

秋田の山旅3日目の目的地は、二百名山にリストアップされている森吉山です。
ピークハンターではないので二百名山にはあまり興味はないんだけど、お花畑が有名なので秋田に来たらぜひ足をのばしてみたかったのです。

P7020284_r

おまけに今日は奥さんの誕生日。
2日目がまさかの雨だったので、最終日はぜひとも晴れてほしかった。

そして、森吉山のお花畑は期待を裏切らない美しさで私たちを迎えてくれました。

P7020220_r


山頂の先にある山人平まで足をのばせばもっと感動が高まるのは想像できたけど、帰りの電車の時刻を考えると私たちの足ではきびしいのであきらめました。
また来ればいいからね。

P7020275rs

森吉山までで十分に楽しむことができました。
前泊したマタギの湯でささやかな誕生日祝いをし、今日のお花畑が私からの誕生日プレゼントということで納得してもらいました。(笑)

くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

«【秋田の山旅2日目】雨の中を乳頭山でお花めぐり